猪木氏が、北朝鮮と太いパイプを持つワケ

アントニオ猪木議員を直撃インタビュー(1)

グローバルエリートの講評

今回、燃える闘魂・アントニオ猪木氏と燃える商魂・グローバルエリートの私が対談させていただくことになったのだが、猪木氏と対談していちばん思ったのは、「ほかの人が無理だと思うことをやることに闘魂を燃やす人」という印象である。これは後に続く対談で明らかになるが、当時、誰しもが無理だと思っていたモハメド・アリとの戦いを実現にこぎ着け、しかもそのアリ氏と親友になったということが、猪木氏の強力な原体験になっているように思われる。そしてモハメド・アリと闘った男ということで世界的な名声を手にし、国際的な独自の人脈構築につながった。

猪木氏はその師匠である力道山への思いから、北朝鮮とのパイプ作りにも積極的で、人脈的にも張成沢氏といった実力者中の実力者、最高権力者クラスと通じるほどの関係を構築している。

また今回、対談させていただいて感じたのだが、相手の“気迫や魂まで含めた部分の見極め”を重視しており、これは希代の天才カリスマプロレスラーとしての資質が大いに生かされている。

思えばモハメド・アリとの対戦や力道山との思い、相手との間の取り方など、今の猪木氏の強力な個性は、世界的な一流のプロレスラー(猪木氏はアメリカ最大のプロレス団体、WWEにも日本人として初めて殿堂入りしている)としての経験が基礎になっているのではないか。また猪木氏が盛んに語る「外交に一方的な勝利はない」という信念も、プロレスが相手の強さを引き立て、双方がウィンウィンの状況をつくることが最高の試合である、というその本質がよい意味で影響しているのであろう。

プロレスラー出身の国会議員でぱっとしない人が多い中、やはり一流のスーパースターとして国民を手のひらで転がした猪木氏は、その発想も行動力も規格外ということだろうか。

次回の続編では、このユニーク極まりないアントニオ猪木という国会議員を、どのように日本社会のために最大限活用できるのか、引き続き猪木氏との対談を続けたい。

(司会・構成:佐々木紀彦、撮影:今井康)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT