"追い風"住宅業界が怯える「反動減」の衝撃

10~12月の住宅景況感は急落。この意味は?

ハウスメーカー経営者の景況感は過去最高水準まで高まっている(撮影:吉野純治)

国土交通省が10月31日に発表した今年9月の新設住宅着工戸数は前年同月比19.4%増の8万8539戸で、13カ月連続の増加となった。一歩ずつ着実に、リーマンショックの影響が表面化する前の水準(2008年10月の9万2123戸)へ戻りつつある。季節調整済みの年率換算値も104万4000戸と、2008年9月(114万戸)に迫りつつある。

ハウスメーカーのマインドにも明るさ

住宅業界の経営者のマインドにも、これまでにない明るさが見える。住宅生産団体連合会(以下、住団連)が10月29日に公表した「経営者の住宅景況感調査」によると、ハウスメーカー18社が回答した今年7~9月の景況判断指数は前年同期比でプラス93(受注戸数ベース、最大はプラス100で最小はマイナス100)。10期連続のプラスで、1993年の調査開始以来、最大のプラス幅となった。

活況の背景には、日本経済全体の景況感改善、不動産価格や金利の先高感など、いくつかの要因が考えられる。しかし、こと9月に限ってみると、消費増税前の駆け込みが大きく需要を押し上げたものと見られる。

次ページなぜ9月に駆け込みがあったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT