こうして小規模マンションでも再生できた

アトラス渋谷公園通りに見る、建て替え成功のヒント

「アトラス渋谷公園通り」、老朽化したマンションが高級マンションに生まれ変わった

日本全国に600万戸近く存在するという分譲済みのマンション。そのうちの5分の1が、建築から30年以上が経過した「老朽化マンション」だ。10年後にはこの割合がさらに拡大し、全体の3分の1に達すると見込まれている。

しかし、建物が古くなったからといって、おいそれと建て替えできないのが現実だ。

建物を取り壊してもう一度建て直すには巨額の費用が必要となる。建て替えによって延べ床面積を増やせれば、余った住戸を外部に売却して建築費に充てることもできる。だが、都心部では容積率に余裕がなく、なかなか思うように建て増しできない。郊外だと売却しても大した額にならず、資金不足で計画が頓挫してしまうことも多い。

30戸以下の小規模マンションだと、ハードルは一段と高くなる。建て増しできても増える戸数がそもそも少なく、余った住戸を販売する不動産業者の儲けも薄いため、事業化できないことが多い。1フロアの面積が狭いため、建て替え後にどう住戸を配置するかをめぐって住民間でも意見が対立しやすい。また、住民の数そのものが少ないため、建て替えのための積立金や人員が不足するケースも見受けられる。

次ページ建て替えの成功事例
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。