熊谷が「やっぱりメチャ暑い」決定的な裏づけ

東京と熊谷の日別「最高気温」を比較すると?

国内最高気温を記録した埼玉県熊谷市で猛暑の中バスを待つ人たち=7月23日午後(写真:共同通信)

埼玉県熊谷市では7月23日、気温が観測史上最高となる摂氏41.1度に到達。2013年8月に高知県四万十市で観測された気温41.0度を5年ぶりに更新した。

熊谷は岐阜県多治見市や群馬県館林市などと並び、最高気温が非常に高くなる地域として知られる。毎夏の気象ニュースで目にする機会も多いかもしれない。過去には公式に「あついぞ! 熊谷」のキャッチフレーズを使っていたこともある。

東京と熊谷の日別「最高気温」を80年分比べると?

では、実際に熊谷の暑さを東京と比べるとどうなるのだろうか。

前回のデータビジュアル記事では東京の日別「平均気温」を140年分ビジュアル化したが、今回は東京・熊谷の日別「最高気温」を並べて比較した。

※東洋経済オンラインの特設ページから、詳細なデータや画像をダウンロードできます。

次ページ最高気温は熊谷が上。では平均気温は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT