熊谷が「やっぱりメチャ暑い」決定的な裏づけ

東京と熊谷の日別「最高気温」を比較すると?

国内最高気温を記録した埼玉県熊谷市で猛暑の中バスを待つ人たち=7月23日午後(写真:共同通信)

埼玉県熊谷市では7月23日、気温が観測史上最高となる摂氏41.1度に到達。2013年8月に高知県四万十市で観測された気温41.0度を5年ぶりに更新した。

熊谷は岐阜県多治見市や群馬県館林市などと並び、最高気温が非常に高くなる地域として知られる。毎夏の気象ニュースで目にする機会も多いかもしれない。過去には公式に「あついぞ! 熊谷」のキャッチフレーズを使っていたこともある。

東京と熊谷の日別「最高気温」を80年分比べると?

では、実際に熊谷の暑さを東京と比べるとどうなるのだろうか。

前回のデータビジュアル記事では東京の日別「平均気温」を140年分ビジュアル化したが、今回は東京・熊谷の日別「最高気温」を並べて比較した。

※東洋経済オンラインの特設ページから、詳細なデータや画像をダウンロードできます。

次ページ最高気温は熊谷が上。では平均気温は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。