もらって嬉しい「暑中見舞い絵手紙」の書き方

心に湧いた感動をストレートに表現しよう

涼し気なはがきが届くと、心に爽やかな風が吹いたような気持ちになります
暑い夏に届くと嬉しいはがきと言えば「暑中見舞い」ですね。涼し気なはがきが届くと、心に爽やかな風が吹いたような気持ちになります。心に湧いた感動をストレートに表せる絵手紙は、暑中見舞いにもってこい!
誰でも挑戦できる絵手紙のかき方を、日本絵手紙協会名誉会長の小池邦夫さん、恭子さんに教えていただきました。

その日の感動を絵にして言葉を添える絵手紙

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

「絵手紙は心を届けるもの」という、小池邦夫さん。絵の心得がなくても、書道になじみがなくても大丈夫。

絵手紙は、心に湧き上がる感動を絵にして、言葉にする作業です。上手、下手は関係ありません。気持ちがストレートに筆先に乗り、絵になり言葉を紡ぐのです。

下絵は描きません。一筆で一気に仕上げます。ためらっていると、その間に感動が薄れていくからです。

かく順番
1 はがきに出す相手の住所、氏名を書く
2 モチーフを決める
3 墨をする
4 輪郭線を描く
5 彩色する
6 文字を書き添える
7 落款を押す
次ページ絵の上手、下手は関係ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT