「ど根性社員」、約22キロを徒歩出勤したワケ

社長が自分のクルマをプレゼント

 7月18日、入社の前日に車が故障した米アラバマ州の男性が、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いて出勤した。この話を聞いた職場の社長が男性に自分の車をプレゼントした。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[バーミングハム(米アラバマ州) 18日 ロイター] - 自動車が故障した米アラバマ州の男性が、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いて出勤した。この話を聞いた職場の社長が男性に自分の車をプレゼントした。

この男性、ウォルター・カーさんは社長から「この車をあなたにプレゼントしたい」と告げられ言葉を失った。社長が自分のフォード車をくれるというのだ。

引っ越し会社に入社したカーさんは、入社の前日に車が故障してしまった。それでも仕事に遅れるわけにはいかないと、カーさんは深夜に家を出て、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いた。

歩き出して4時間後、カーさんを見つけた警察官が朝食をごちそうした。さらに、引っ越しの依頼人の家まで送り届けてくれたという。

依頼人の女性がこの話をフェイスブックに投稿したところ、たちまち拡散。

この話を知った引っ越し会社の社長は、カーさんに車をプレゼントしようと決めた。「彼は歩いて出社してきたけれど、帰宅するのは少し楽になりそうだね」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!