「ど根性社員」、約22キロを徒歩出勤したワケ

社長が自分のクルマをプレゼント

 7月18日、入社の前日に車が故障した米アラバマ州の男性が、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いて出勤した。この話を聞いた職場の社長が男性に自分の車をプレゼントした。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[バーミングハム(米アラバマ州) 18日 ロイター] - 自動車が故障した米アラバマ州の男性が、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いて出勤した。この話を聞いた職場の社長が男性に自分の車をプレゼントした。

この男性、ウォルター・カーさんは社長から「この車をあなたにプレゼントしたい」と告げられ言葉を失った。社長が自分のフォード車をくれるというのだ。

引っ越し会社に入社したカーさんは、入社の前日に車が故障してしまった。それでも仕事に遅れるわけにはいかないと、カーさんは深夜に家を出て、職場まで約22キロの道のりを夜通し歩いた。

歩き出して4時間後、カーさんを見つけた警察官が朝食をごちそうした。さらに、引っ越しの依頼人の家まで送り届けてくれたという。

依頼人の女性がこの話をフェイスブックに投稿したところ、たちまち拡散。

この話を知った引っ越し会社の社長は、カーさんに車をプレゼントしようと決めた。「彼は歩いて出社してきたけれど、帰宅するのは少し楽になりそうだね」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT