EXILE HIROが「広告の祭典」に登壇したワケ

日本のエンターテインメントを世界へ

EXILE HIRO氏(写真:LDH)

6月21日、広告業界における世界的な祭典の1つである「カンヌライオンズ」のメインステージ「シアター・リュミエール」にEXILE HIROが率いる「LDH」登壇した。日本のエンターテインメントが同フェスティバルで大々的にフィーチュアされるのははじめてのことだ。
なぜ、LDHはカンヌライオンズで広告関係者を前にプレゼンテーションをしたのだろうか。6月9日、英国発のマーケティング専門メディアCampaignのデイビッド・ブレッケン日本担当編集長がその狙いを取材して14日に公開した記事を紹介する。

「Love」、「Dream」そして「Happiness」の頭文字をとったLDH。今のところ海外で知られる名ではないが、設立者の五十嵐広行社長はその可能性を感じている。

本記事はCampaign Japanからの転載記事です。元記事はこちら

元ダンサーで、一般にはEXILE HIROの芸名で知られる同氏。アーティストのマネジメントとエンターテインメントをプロデュースする同社が、カンヌライオンズのメインステージ「シアター・リュミエール」に登壇する。日本のエンターテインメントが同フェスティバルで大々的にフィーチュアされるのははじめてのことだ。

カンヌの聴衆にアピールしたい理由は2つ

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のリーダー兼プロデューサーながら謙虚な印象を与えるHIRO氏が、カンヌの聴衆にアピールしたい理由は2つ。1つは、日本のエンターテインメント産業が輸出とマーケティングによってより成長する可能性を秘めていること。もう1つは、LDHが持つエンターテインメントのリソースをより多くのブランドと結びつけ、協働することだ。

LDHも他の日本企業同様、幅広い活動を行っている。所属グループで最も人気のある「J Soul Brothers」は昨年、コンサートに180万人以上の観衆を動員した。ブランドとしては歌手のファレル・ウィリアムスや米オーディオ機器メーカー「ビーツ・エレククトロニクス」などとコラボレート。音楽アーティスト以外にも俳優やモデル、タレント、スポーツ選手などのマネジメント、更には映画の配給、ダンス学校やファッション・ブランド、レストランの運営にも携わる。4年前には米国、昨年は欧州で事務所を立ち上げた。

6月8日、若者に人気の街、東京・中目黒にある本社で取材に応じたHIRO氏。「アーティストとの契約からブランドとのコラボレーションまで、すべてが有機的に機能するのがLDHの真骨頂です」。

日本でビジネスを成功させた同社だが、設立したのは抜け目ないビジネスマンではなく、単に面白いことをやろうと考えたダンサーたち(学校時代の友人同士)だった。現在の他の幹部もアーティストで、欧州のCEOを務めるのはオランダ人DJのアフロジャック、エグゼクティブクリエイティブディレクターは日本人ラッパーのVERBAL(バーバル)といった面々だ。

LDHが欧米での活動を強化する理由は何なのか。

次ページ欧米での活動を強化する理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。