共働き夫婦が使う住宅ペアローンの落とし穴

2人で銀行からたくさん借りすぎていないか

共働き夫婦が家を購入する場合、最近は「ペアローン」を使うケースが増えている。だがそれで大失敗するケースも多い(写真:Taka / PIXTA)

「ちょっと高いかもしれないが、どうせなら家賃を払うより都心にマンションが欲しい」――。低金利と「10年間の住宅ローン減税」を背景に、ファイナンシャルプランナーの筆者への、住宅購入希望者の相談は依然かなり多い状況が続いています。

この連載の一覧はコチラ

不動産の専門家の間では「今、都心のマンションを買うのは割高」とも言われています。しかし、年収に対して居住費が重くのしかかる若い世代は、「変動金利なら、家賃と同程度でマイホームが持てる!」という発想になりやすいのです。

ところが、実は「せっかく住宅を購入したのに、ローンが支払えない!」「ほかの事情が絡んでマンションを手放すことになった!」というケースが増えています。しかもこれは世帯収入に関係がありません。高所得世帯でもローンが払えないという方は、増える傾向にあります。

共働き夫婦に人気の「ペアローン」の「落とし穴」とは?

それでは、いったい何に気をつけて住宅ローンを組むべきでしょうか。昨年、お子さんが生まれたタイミングで5400万円のマンションを購入した「共働き20代夫婦」のケースを参考に考えてみましょう(なお住宅ローンの金利タイプの注意点については、「共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい」もぜひ参考にしてください)。

相談に見えたのは飯村大輝さん(27歳・会社員・仮名)と妻の和花さん(26歳・会社員・同)です。5400万円のマンションを購入したものの、今後必要になる子どもの教育費や老後資金のことまで考えると「無理な買い物をしてしまったのではないか」と不安になったということでした。

飯村さんご夫婦は、それぞれが債務者となる「ペアローン」を組みました。そうです。収入がまだ低い若い世代でも、共働き世帯なら、こうすればマイホームを持つことが比較的容易にできるのです。

夫婦2人でローンを組むと、それぞれが「ローン減税」を受けられるというメリットがあります。また、1人よりも借入額を増やせます。そのため、物件価格の上昇に伴って、利用者は年々増えています。

次ページ住宅ローン減税に過度に期待していないか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。