注意!加熱式たばこを吸うと捕まる国がある

違反した場合は最高で10年の懲役に

タイでは電子タバコ利用者の逮捕が後を絶たない(写真:タイ王国観光警察ホームページより)

IQOS(アイコス)を吸うと逮捕される国があるのをご存じですか?
ずばり、その国は日本人の旅行先としても人気のタイです。

日本人がIQOS使用で逮捕されたと7月16日、タイでウェブ制作を行うYINDEEDのオウンドメディアで伝えられて話題を呼んでいます。

以前から、電子タバコ「VAPE(ベイプ)」を使用した観光客の逮捕や、タイ人の逮捕は報じられていましたが、日本人が逮捕されたのは初めて。このニュースは拡散され、ネットで話題となりました。

タイ国政府観光庁のオフィシャルページでは昨年10月、“重要なお知らせ”として、「日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子タバコ禁止条例がタイ商務省から2014年12月27日より発令されています。アイコスをはじめ、加熱式のタバコも含まれます。違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツ(約169万円)の罰金のいずれかが科せられます。商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられますのでタイへ渡航される場合は十分にご注意ください」と警鐘を鳴らしています。

また今年5月には、在東京タイ王国大使館が同様の注意喚起を行っています。

数年前までは露店で販売されていた

ほんの数年前までは、タイの露店で各種VAPEが販売されており、主にマレーシア産のニコチン入りリキッドを至るところで目にすることができました。

規制後もロードサイドのバーなどで、VAPEで爆煙を吐き出す外国人ツーリストの姿が散見されていましたが、どうやら近年取り締まりが特に厳しくなったようです。

次ページ所持品検査で警察署に連行される
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT