注意!加熱式たばこを吸うと捕まる国がある

違反した場合は最高で10年の懲役に

タイでは電子タバコ利用者の逮捕が後を絶たない(写真:タイ王国観光警察ホームページより)

IQOS(アイコス)を吸うと逮捕される国があるのをご存じですか?
ずばり、その国は日本人の旅行先としても人気のタイです。

日本人がIQOS使用で逮捕されたと7月16日、タイでウェブ制作を行うYINDEEDのオウンドメディアで伝えられて話題を呼んでいます。

以前から、電子タバコ「VAPE(ベイプ)」を使用した観光客の逮捕や、タイ人の逮捕は報じられていましたが、日本人が逮捕されたのは初めて。このニュースは拡散され、ネットで話題となりました。

タイ国政府観光庁のオフィシャルページでは昨年10月、“重要なお知らせ”として、「日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子タバコ禁止条例がタイ商務省から2014年12月27日より発令されています。アイコスをはじめ、加熱式のタバコも含まれます。違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツ(約169万円)の罰金のいずれかが科せられます。商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられますのでタイへ渡航される場合は十分にご注意ください」と警鐘を鳴らしています。

また今年5月には、在東京タイ王国大使館が同様の注意喚起を行っています。

数年前までは露店で販売されていた

ほんの数年前までは、タイの露店で各種VAPEが販売されており、主にマレーシア産のニコチン入りリキッドを至るところで目にすることができました。

規制後もロードサイドのバーなどで、VAPEで爆煙を吐き出す外国人ツーリストの姿が散見されていましたが、どうやら近年取り締まりが特に厳しくなったようです。

次ページ所持品検査で警察署に連行される
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。