インスタ映え「チームラボ」新スポットの全貌

「体全体で楽しみながら学ぶ」がコンセプト

デジタルアートミュージアムがお台場に誕生した
数々の革新的な体験型インスタレーション作品で、日本を代表するデジタルアートの旗手としてその名を馳せるチームラボ。その表現宇宙を圧倒的規模で体現した、世界に類を見ないデジタルアートミュージアムがお台場に誕生。その魅力を紹介する。

プログラマー、数学者、建築家、デザイナー、絵師など、領域を超えたスペシャリストたちによる“ウルトラテクノロジスト集団”チームラボ。その彼らが森ビルとタッグを組み、未だかつてない超先進的なデジタルアートミュージアムを完成させた。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

コンセプトはずばり、「境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者とともに新しい体験を創り出す」こと。果たしてどんな体験が待ち受けているのだろうか。

作品と自分自身、すべてが溶け合うボーダレスな時空間

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」が位置するのは、観覧車で知られる東京・お台場のパレットタウンの一角。1万平方メートルもの広大な空間を、5つの世界で構成するという。エントランスから足を踏み入れると、そこは壁や床一面に無数の花が咲き誇る巨大迷路のような空間。決められた順路はなく、作品同士が対話し融合する境界のない世界「Borderless World」だ。鑑賞者は自らの感覚と好奇心を頼りに、未知の世界を探索していく。

「Borderless World」より、無数の花が咲き誇り、季節とともに移ろいゆく迷路のような空間「花の森、埋もれ失いそして生まれる」
「花の森、埋もれ失いそして生まれる」より。花々は鑑賞者がその上を歩き回ったり触れたりすると散っていき、また違う場所で咲いては枯れるなど、リアルタイムで描出されており、常に変容し続ける
次ページたどり着いたのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT