パガーニが1台数億円の車を売りまくる秘密

1992年創業の新興メーカーの緻密すぎる戦略

しかし、パガーニのビジネスは最初から順調だったワケでもなかった。ゾンダはスーパーカーの頂点たるフェラーリよりも高価なクルマである。それを何のバックグラウンドもない新興メーカーが作るのだから、クルマの出来は評価されたものの、はたしてリセールバリューが、しっかりとキープされるかと疑問視された。

ゾンダ・チンクエ・ロードスター

そこでオラチオが香港のパガーニ・ディーラーであるS.P.Sと共に開発したのが、ゾンダ・チンクエだった。チンクエとはイタリア語で“5”を表す。つまり5台限定のナンバリング入りスペシャル・モデルであった。この企画は世界の富裕層に大きく刺さり、即時完売となった。それを契機にパガーニが大きく注目されたのだ。

パガーニの躍進は、スーパーカー界でもごく少数の限定数量モデル、さらに1台のみというワンオフカーが大人気となるきっかけともなった。パガーニのリセールバリューはマーケットで確立され、3年待ちと言われても、皆が競ってオーダーを入れはじめた。

パガーニ本社の国旗

最後に、オラチオがセールスマンとしても優秀であることも付け加えておきたい。私が初めてパガーニ本社を訪ねたときのことだ。社屋にアルゼンチン、イタリア、そしてカナダの国旗が掲げられていたのを見つけた。

オラチオの祖国、そしてここイタリア、前者2つの意味はすぐにわかるが、3つ目は不明だ。カナダの国旗の意味を訊ねる私にオラチオはこう答えた。「うちには世界の国旗がそろえてある。答えは簡単だ。今日はカナダのお客様が訪ねてくるからね」。

注文書にサインしようとやってくる顧客達はオラチオのホスピタリティにイチコロになるようだ。オラチオの熱心なセールスにより特別仕様が次々と加わり、考えていたよりも相当に高額となった注文書の控えを手に顧客はパガーニ社を後にすることになるのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT