パガーニが1台数億円の車を売りまくる秘密

1992年創業の新興メーカーの緻密すぎる戦略

高性能さとクオリティが世界から認められるパガーニ

1台数億円――。

超高級スーパーカーを少量生産するパガーニ・アウトモビリ(以下パガーニ)は1992年に創業した新興の自動車メーカーだ。現在、世界の有力自動車メーカーの多くが1950年よりも前に創業していることを考えると、パガーニの歴史はあまりに短い。にもかかわらず、その高性能さと卓越したクオリティが世界から認められ、とんでもなく高額なプライスタグが付いているにもかかわらず、多くのバックオーダーを抱えている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

先日、このパガーニのオーナーであるオラチオ・パガーニがスーパーカーの聖地たるイタリア・モデナのモデナ・レッジョ・エミリア大学で名誉修士号を獲得した、というニュースが飛び込んで来た。自動車に関するイノベーションに多大な貢献を行ったという主旨の受賞に対して、彼のクルマ作りに対する情熱を知る世界中の多くの仲間たちが、それを祝福した。

オラチオ・パガーニの生い立ち

パガーニとは、まさにオラチオが幼少時より持ち続けていたスーパーカー作りへの情熱そのものなのだ。それではパガーニ・アウトモビリ、そしてそのパガーニを設立したオラチオ・パガーニの生い立ちについて、ここでまとめてみよう。

オラチオ・パガーニ

オラチオ・パガーニは1955年、アルゼンチンに生まれた。スポーツカーにあこがれ、バルサ材などを使ったモデルカー作りに没頭した幼少期を送った。夢はカーデザイナーになること。大学ではデザインとエンジニアリングを学んだ。

クルマを作りたいという強い意志を持った彼は大学在学中にも、友人たちとF2マシンを完成させたし、キャンピングカーなどの特殊車両を製作するファクトリーを開業し、クルマ作りの実践を学ぶ。木型を作りFRPを貼り、オリジナル・ボディを作る技術を習得し、理想のスポーツカー作りのために世界へ飛び出す夢を膨らませていた。

次ページオラチオに訪れたチャンス
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT