恋人や伴侶「デジタル監視」のおぞましい実態

子ども見守りツールやスマホ捜索機能を悪用

デジタルストーキングが深刻化している(写真:Marco_Piunti/iStock)

スマートフォンアプリの「KidGuard」は、子どもを見守るツールとして売り出されている。しかし、その監視サービスを別の目的でも宣伝しており、「恋人の携帯電話の削除されたメールを読む方法」といったタイトルの記事をブログに投稿している。

「mSpy」も同様のアプリで、女性に向け夫に気づかれずに監視する方法をアドバイス。「Spyzie」は、グーグルで「みつける 浮気 ガールフレンド iPhone」といった言葉を検索すると表示される広告を出稿していた。

デジタル監視はストーカーと見なされる場合も

子どもや友人、なくした電話を追跡するためにスマホのデータを収集するツールがここ何年かで増加し、その技術を悪用して許可なく人を監視しようとする人々にとっての選択肢も増えている。

最新の学術研究によると、基本的な位置追跡からメールデータの収集、盗撮に至るまで、ストーカー予備軍にさまざまなツールを提供するアプリやサービスが200以上ある。研究やニューヨーク・タイムズの報道でも、恋人の行動をこっそり調べることのできる監視ツールとして宣伝しているサービスが20以上あることがわかっている。

こうしたサービスの多くは監視対象となる人のスマホやその人のパスワードなどが必要だが、どちらも一緒に暮らしている間柄なら手に入れやすい。

配偶者やパートナーのデジタル監視は、違法なストーカー行為、盗聴、ハッキングとみなされる可能性がある。しかし、ストーキングはドメスティックバイオレンス(DV)において殺人につながる最も危険な兆候にもかかわらず、そうしたテクノロジーの変化に法整備や当局が追いついていない。

次ページ隠れたソフトが実証を困難に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT