「家に居場所がない子」が自力で作った"家族" 絶品オムレツも"赤の他人"に教わった

印刷
A
A

オムレツはあっという間に完成した。絵に描いたように美しいオムレツが皿に移される。思い切ってフォークを刺すと、中から半熟の卵がとろっとこぼれ出てきた。こんな風に仕上げるためには、細かくフライパンを揺するテクニックに加えて、わざわざ自家用を持参するほど、こだわりのフライパンを使うことが欠かせないらしい。

「誰に教えてもらったの?」

オムレツを頬張りながら尋ねると、「おじさん」とSが答えた。親戚?と続けて尋ねるも、Sは「ううん」と首を横に振る。

話によると、Sが“おじさん”と呼ぶその人は、Sより20歳近く年上、50代後半の男性。かれこれ10年にも及ぶ付き合いで、親戚でもなければ、恋人であったこともないという。にもかかわらず、Sがまだ独身だった頃の一時期、不安定な暮らしをしていたSに、必要に応じて泊まる場所や、温かい食事を提供してくれた、大切な友人の一人なのだという。

「おじさんは本当に料理が上手なの。でも独り身だからね。食べてくれる人がいると嬉しいんだよ。たまに遊びに行くと、そりゃもうたくさんご馳走を作ってくれるの」

Sが今でもそのおじさんと会っていると言うので、私はドキッとして尋ねた。

「それってやっぱり浮気?」

するとSはおかしそうに笑いながら答えた。

「全然違う。そういう関係じゃないんだよ。一緒に混浴に入ったって、一枚の布団に並んで寝たって、何もないんだから」

普通ならとても信じられないような話だけど、Sに限って言えば、まあそういうこともあるのかもしれないなと思わされた。何しろ彼女はお客さんの天才だ。きっとこれまでにもさまざまな家で、一般にはあまり理解されないような、特殊な関係性を築いてきたのだろう。

居場所のなかったS

不思議なことにそんなSは、どちらかと言えば保守的な家族観の持ち主でもあった。たとえば昼間、一緒に過ごして、どうせならこのまま夕飯でも食べようということになったとき、Sは必ず一度、自分だけが家に戻り、律儀にも夫の夕飯を用意してから、再びわが家に戻ってくるのだ。

旦那さんだって大人なのだし、Sだってそう頻繁に家を空けるわけでもないのだから、たまには外で食べてきてもらうとか、お弁当で済ませてもらうとかいうわけにはいかないの?と私が尋ねると、夫が良くても、自分自身がそれを許容できないのだと言う。そもそもSは普段から、外食や出前をほとんど使わず、家族の食事はほぼ毎食、自分で作っていた。

次ページSはどのような家庭環境で育ったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT