安倍首相「単独リーダーシップ」に潜む危うさ

「トランプ抜き」で拉致問題は解決できるのか

7月8日、会談するマイク・ポンペオ米国務長官と安倍首相(写真:Kazuhiro Nogi / Pool via Reuters)

7月5日、安倍晋三首相は北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさんと官邸で面会し、拉致問題解決への意欲を重ねて示した。安倍首相は「私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と向き合い、拉致問題を解決する決意だ」と述べた。

この安倍首相の金正恩委員長との直接協議の決意は、すでにドナルド・トランプ米大統領と金正恩委員長との歴史的なシンガポールでの米朝首脳会談があった6月12日の数日前、6月7日にワシントンのホワイトハウスで行われた日米首脳会談のあとの共同記者会見の場で、繰り返し表明された。

安倍首相単独リーダーシップで解決できるのか

6月7日のホワイトハウスでの日米首脳会談では、安倍首相による日本人拉致問題関係の話に、圧倒的な時間が費やされた。そのことは、トランプ大統領自身が指摘している。それ自体、トランプ大統領が集中して耳を傾けたことの証しだが、それなのに、なぜ安倍首相は単独リーダーシップで解決を目指すと、記者団に強調して見せたのか。

この連載の一覧はこちら

そこには、布石があったと筆者は見ている。日本時間の6月5日付報道では、6月12日のシンガポール米朝首脳会談で、金正恩氏が「拉致問題は解決済み」と回答しても、それを受け入れないように、安倍首相が事前にトランプ大統領に要請する、という日本側の方針が固められたというニュースが大きく扱われたことだ。

つまり、安倍首相が、自分自身の単独リーダーシップによる拉致問題解決を明確化したのは、6月7日のホワイトハウスでの日米首脳会談の直前だったとみることができる。

次ページトランプ大統領のジャスチャーは何を意味するのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?