「統一後の実権を握るのは金正恩」という悪夢

米朝会談が示唆する不安な未来

米韓軍事演習を中止するとの発言は、韓国に大きな衝撃を与えた(写真:REUTERS/Kim Hong-Ji)

6月12日、シンガポールのセントーサ島のカペラホテルで行われた米朝首脳会談は、劇的シーンで始まった。日本時間の同日午前10時(現地時間9時)、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の2人が初対面で歩み寄り、目と目を合わせ、握手を交わした。

その場面をリアルタイムでつぶさに見た筆者の印象は、金正恩氏のこれまでメディアで見せたことがないほどに緊張した表情だった。「最初の1分間で、すべてがわかる」と言っていたトランプ大統領の視座には、金正恩氏のトランプ大統領へのホンネが、瞬時に、鮮明に読み取れたはずだ。

拉致被害者の帰還についても「複数回」触れた

残念ながら、両首脳の1対1の会談は、通訳を含めて40分弱と伝えられる。通訳を考えると正味の会談時間はわずか20分だろう。したがって、トランプ大統領が会談後の単独記者会見で語っていたように、今後、何度かにわたる首脳会談の継続が必要になるだろう。

過去20数年間、米国の歴代大統領は、北朝鮮問題について、何も実行できなかった。そのことに鑑みれば、今回、トランプ大統領の実行力は遺憾なく発揮され、その記録はアメリカ大統領史に刻み込まれることになる。こうした見方をしていいのではないだろうか。

言い換えれば、わずか40分弱という驚くほど短い1対1のトップ会談で、これまで歴代の米大統領ができなかった「平和への道」を、トランプ大統領は持ち前のネゴシエーション技術によって、一気に、こじ開けたということができる。

日本人拉致被害者の帰還についても、その短時間の中で触れた可能性は高い。なぜなら、トランプ大統領は拉致問題について、「複数回、持ち出した」と、マイク・ポンペオ国務長官が記者会見で述べているからだ。この「複数回」という表現は、ポンペオ国務長官が同席した、米朝首脳会談の時の発言だけではないことを意味している。

次ページ紆余曲折があることは間違いない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。