日本代表に「南ア世代」が残した未来への遺産

代表引退の長谷部、最後のW杯となった本田…

ここから一気に若返りが進み、本田も同年6月の南アワールドカップ3次予選・バーレーン戦(埼玉スタジアム)で代表デビュー。岡崎も同年10月のUAE戦(ビッグスワン新潟)で初キャップを飾り、頭角を現していく。

川島は川口能活(J3・SC相模原)と楢崎正剛(名古屋グランパス)という2人の先輩GKの分厚い壁に長く阻まれていたが、代表にはほぼコンスタントに帯同していた。

その彼らが南アで中心的な役割を果たし、史上2度目のベスト16を果たしたことで、日本代表の世代交代は一気に加速する。

アルベルト・ザッケローニ監督(現UAE代表)体制初陣だった2010年10月のアルゼンチン戦(埼玉)を岡崎の一発で勝ち切った時には、タテに速く推進力溢れる攻撃が見事なまでに機能。「この代表はどこまで強くなるのか」という大いなる可能性を感じさせた。

選手たちも周囲の期待に応えるかのように、2011年アジアカップ(カタール)を制覇。本田がMVPに選ばれるなど、日本は「最強時代」に突入した印象を色濃く残した。

日本人選手が欧州ビッグクラブで活躍する時代も到来

個人レべルでも、まず長谷部がヴォルフスブルクでドイツ・ブンデスリーガ制覇を経験。本田がCSKAモスクワからACミラン、長友がチェゼーナからインテル、岡崎もシュツットガルトからマインツにステップアップし、川島もベルギーの小クラブであるリールセから名門のスタンダール・リエージュへと飛躍した。

内田篤人(鹿島アントラーズ)もシャルケで長く活躍し、香川もドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ引っ張られるなど、日本人選手が欧州強豪クラブで活躍できる時代を築き上げた。

だからこそ、ブラジルワールドカップ予選はそこまで苦しまずに突破できたし、ブラジル本番ではベスト16を超えて最高成績を残せる予感が漂った。

本田が「ワールドカップ優勝を狙う」と公言し続けたことも、最初は異論を唱える声も聞こえてきたが、長友ら仲間たちは賛同。本気で高いレベルを追求した。

次ページブラジルW杯惨敗の記憶
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT