財産分与7000万「バツ2会社員」の3度目の正直

「懲りない男」は過去の失敗を活かせるか

3度目の結婚をした男性。過去の失敗を活かせるのでしょうか(イラスト:堀江篤史)

2度の離婚を経験し、財産分与と養育費で合計7000万円ほどを払い、それでも今年の春に3度目の結婚をした男性がいる。どこかの芸能人ではない。IT関連企業の役員をしている島田陽一さん(仮名、51歳)だ。

この連載の一覧はこちら

平日のランチタイムに、都内のホテルにある和食店で待ち合せると、上質そうなスーツで身を固めた陽一さんが現れた。白髪交じりの年相応の風貌だが、スマートでオシャレだ。ダンディですね、と声をかけると、「よく言われます」と返してきた。

心を許せるパートナーと楽しく生活をしていきたい

「自分で言うのも変ですが、僕はいわゆるリア充です。仕事では業界でもハイレベルなほうだと思います。プロジェクトマネジメントはもちろん、営業もできるし、プログラミングでも社内ではいまだに一番です。

フリーでエンジニアをしていたときは5千万ぐらいの売り上げがあった時期もあります。会社員に戻った今でも年収は2千万円を超えています。おカネには困っていないんです。趣味もたくさんあって、釣った魚でよく料理をします。片づけは苦手ですけどね。車は2台、大型バイクが1台あり、5LDKの家にはホームシアターもあります」

聞いていないのに「リア充」ぶりを話しまくる陽一さん。少年のような無邪気な口調で、変に謙遜もしないので嫌味はない。趣味や仕事を通じて友人も多く、広い自宅に招いてホームパーティを楽しんでいる。

「でも、友達はあくまで友達です。みんな帰ってしまって1人残されると寂しいですよ。心を許せるパートナーと楽しく生活をしていきたいです」

次ページ最初の結婚は26歳のとき
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。