24歳男性が42歳女性に強烈に惹かれた理由

「18歳の年の差婚」夫婦の"補完し合う"関係

お互いに求め合い、補完し合う(イラスト:堀江篤史)

18歳年下の男性と結婚したばかりのアラフォー女性がいる。相手の海外赴任が決まってからの結婚で、少なくとも来年までは別居婚だ。いったいどんな女性なのか。彼とはどこで出会い、どのような流れで結婚するに至ったのか。いま、どんな心境で別居生活をしているのか。年の差婚の将来に不安はないのだろうか。

インタビュー場所に選んだのは、渋谷の道玄坂上にあるポルトガル料理店。海を隔てて暮らしている旦那さんに思いを馳せながら、いろいろ話を聞いてみたい。

毒親に長く苦しんだ経験

ヨガ教室帰りに来てくれた会社員の宮崎綾乃さん(仮名、42歳)は、ロングヘアに眼鏡姿。一見するとおとなしい印象を受けるが、話し始めると多くのこだわりがある人物だとわかる。中学校時代の美術教師のことをなぜか思い出した。

この連載の一覧はこちら

「高校生のときから途切れることなく彼氏がいました。私の母はいわゆる毒親だったので、心の支えになってくれる人がいつもいてほしかったのです。友達には限界がありますから」

いきなり赤裸々な告白をしてくれる綾乃さん。母親の母親、つまり綾乃さんの祖母も癖のある人で、母親はずっと彼女(祖母)を憎んでいた。そして、つねに誰か「仮想敵」を必要としていたという。長女である綾乃さんに対しては、支配下に置きたがった。

「私が弱々しいときは優しいのですが、自分の意見を持って行動することは許しません。社会人になってからは何百万円レベルで母親に貢ぎました。でも、最終的にはうその親不孝話を親戚に広められてしまい……」

次ページ父親は母親の言いなり
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。