37歳「元・傲慢なお嬢様」が改心し掴んだ幸せ

調子に乗った20代、闇の婚活時代を経て…

つい「振り回すことで愛情を試す気質」を発揮してしまう恋愛体質の祥子さんが変われたきっかけとは?(イラスト:堀江篤史)

東京・恵比寿にあるスタイリッシュな中華料理店に来ている。白いテーブルを挟んで向かい合っているのは、医療関係の専門職である三宅祥子さん(仮名、37歳)。細身で、はっきりとした目鼻立ちをしていて、独特のペースで話す美人だ。平日のランチタイムなので、生後5カ月の娘は保育園に預けられたという。

夫の和也さん(仮名、41歳)と出会ったのは、婚活に疲れて「結婚をせずに生きていこう」と思い始めていた頃だ。祥子さんの「面倒くさい性格」のせいで一度は別れ話になりながらも2年前に結婚。今では穏やかで前向きな生活を送っている。やや浮世離れしたお嬢様っぽい雰囲気を漂わせる祥子さんの過去から振り返ってみたい。

結婚前の「腰かけ」のつもりだった就職

地方の裕福な家庭で育った祥子さん。両親の意向に従って医療系の大学に通い、現在の専門職に就くが、結婚前の「腰かけ」のつもりだったと振り返る。

この連載の一覧はこちら

「とにかく恋愛がいちばん! 自称ロックスター候補の男性と付き合ったり、失恋して体調を崩したりしていました」

そんな祥子さんを仕事好きに変えたのは、就職先の病院で知り合った1歳上の潤さん(仮名)だった。恋愛体質の祥子さんは器用で親切な先輩である潤さんにすぐにほれ込み、交際がスタートした。同棲を始めると、家でも勉強をしている努力家の潤さんがつねにそばにいる。恋人の影響を受けやすい祥子さんは触発され、「私も仕事ができるようになりたい!」と仕事に打ち込み始める。

熱心に働くようになると、職場のほかの先輩たちの対応も変わった。仕事を教えてもらい、できなかったことができるようになる楽しさを知った。「2年で辞める」と自他ともに思っていた病院に12年間も在籍することになる。

その途中で潤さんと結婚し、幸せな家庭を築いていれば、祥子さんは本連載には登場していない。しかし、仕事面でも自信がつき、出会いの機会にも恵まれていた20代半ばの祥子さんには「傲慢さ」が出てきてしまった。

「元カレとメールをやり取りしたのを見られたりして、彼とのケンカが多くなりました。束縛されるのが面倒くさくなったんです」

次ページ「調子に乗っていました」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。