茨城県が5年連続「魅力度全国最下位」の理由

農業全国2位、世界有数の科学技術もあるのに

実は茨城県民は神奈川県民よりもリッチ。県には世界クラスの科学技術も。それでも5年連続で魅力度最下位なのはなぜ?(写真はつくば市のJAXA:うっちー/PIXTA)

読者の皆さんはご自分の住まいや故郷の「ブランド力」にどの程度関心をお持ちでしょうか。ブランド総合研究所の「地域ブランド調査2017」によれば、78の調査項目のなかで最もメディアに注目されている「都道府県・魅力度ランキング」では、北海道が9年連続の1位に輝いています。

なぜ茨城県が魅力度で「5年連続最下位」なのか

一方で、不名誉にも茨城県は5年連続の最下位となっています。テレビやインターネットなどのメディアは「結果のみを伝えておしまい」という報道をしているため、「このランキングが本当は何を意味しているものなのか」、きっと知らない方も多いことでしょう。

この連載の記事はこちら

たとえば、皆さんがインターネットで無作為に抽出されて、「○○県は魅力がありますか?」という質問があったときに、まず真っ先に何を思い浮かべるでしょうか。

おそらく、大多数の人たちは「突出した観光地がある」とか、「有名な名産品である」などを想起するのではないでしょうか。あるいは、北海道の大自然、京都の歴史・文化、沖縄のきれいな海といった、もっとざっくりとした印象を思い起こすのではないでしょうか。要するに、魅力度とは「観光地として魅力があるかどうか」ということに尽きるのです。

最下位の茨城県にとって2017年という年は、茨城県北部がNHKの朝ドラ「ひよっこ」の舞台になったのに加えて、大相撲では19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里、続いて大関になった高安と、茨城県出身の力士の活躍が取りざたされました。それらが、ランキングにまったく影響しなかったのは当然のことといえるでしょう。「○○県の魅力度」と聞かれて、ドラマや有名人をイメージする人はまったくといっていいほどいないからです。

次ページ茨城だけでなく栃木も群馬も「イメージが湧きにくい」?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT