土浦「驚きの駅ビル改革」でつくばを越せるか

テーマは「自転車」だが走行環境はつくばが上

「自転車」をテーマに改装された土浦駅ビル。街の姿はこれから変わるか(筆者撮影)

「自転車」をテーマにした新しい駅ビルが土浦に誕生した。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

3月29日、JR土浦駅に付帯する駅ビルを一部改装した「PLAYatré TSUCHIURA(プレイアトレ土浦)」がオープンした。JR東日本の駅ビル「atré(アトレ)」の新ブランド第1号店だ。なんと館内へは自転車で直接入ることができる。床仕上げはアスファルト風で、自転車が通るルートを示す青いラインも引かれている。

今回オープンしたのは全6フロアのうち、地下1階と1階の2フロアだ。両フロアとも半分は茨城県が整備する「りんりんスクエア」となっており、サイクリストたちの拠点となる施設がそろっている。

従来型の駅ビルから脱却

「りんりんスクエア」の1階には東京・中野に1号店を持つ「サイクルスポット」が新店舗「ル・サイク」を展開。クロスバイクを中心とした自転車をはじめ、おしゃれなアパレルや自転車用品も取りそろえる。レンタサイクルもあり、1日あたり1500~3500円。スポーツタイプの電動アシスト自転車を目玉に多彩なラインナップの25台を用意し、気軽にサイクリングを楽しめる。地下の区画には、有料のシャワーと更衣室、ロッカールームに100台以上の駐輪場が設けられているほか、無人型のレンタサイクルも35台置かれ、アプリで予約・解錠・決済がトータルに行える。自転車もブランドものや本格的なクロスバイクやロードバイクが多い。利用料は1日2500円だ。

「PLAYatré TSUCHIURA」は自転車で直接乗り入れ可能で、床をアスファルト風に仕上げ、自転車の通る場所を青いラインでわかりやすくした(筆者撮影)

今回オープンした「PLAYatré TSUCHIURA」には、ほかにも自転車をイメージした照明のある「タリーズコーヒー」など、自転車に関連した店舗や施設が目立つ。一方で薬局・コンビニなど生活に密着した店舗も入れた。プロジェクトリーダーを務めたアトレの藤本沢子課長は「従来型のショッピングを中心とした駅ビルからの脱却をテーマとし、単にモノを売るのにとどまらない『コト発信』として体験の提供に重きを置いた」と意気込む。

その裏には土浦が抱える問題を打破するための、官民一体となった取り組みがあった。

次ページ土浦が抱える課題とは何か?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。