「自転車を積める列車」で鉄道利用は増えるか

ママチャリOKの列車も…混雑時の扱いは課題

今年1月から走り始めたJR東日本千葉支社のサイクルトレイン「B.B.BASE」。千葉県内4方面へサイクリストを乗せて走る(写真:ぺいさま / PIXTA)

今年1月、サイクルトレイン「B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)」がデビューした。JR東日本千葉支社が投入したもので、自転車専用のサイクルラックを車内に常設。“幻のホーム”とも呼ばれる両国駅の3番ホームから出発し、週替わりで千葉県内4方面(内房・外房・銚子・佐原)を目指す旅行商品対象の専用列車だ。

房総半島は、1年を通して温暖な気候や平坦な地形もあってサイクリストからの人気が高い地域。都心部からの近さもあって、これまでも多くのサイクリストが足を運んできた。「B.B.BASE」投入以前も、千葉県内の鉄道は輪行バッグで自転車を持ち込むサイクリストの利用が目立ったという。

自転車で房総半島を活性化

今回の「B.B.BASE」は、千葉県や県内の自治体が積極的に進めているサイクルツーリズム事業にあわせ、サイクリング客の取り込みを図ったものだ。

JR東日本千葉支社の担当者は言う。「週末を中心に輪行バッグで列車をご利用いただくお客様は多く、増加傾向が見られます。また、これまでも千葉支社ではトライアスロン大会やサイクリングイベントにあわせて自転車を解体せずに利用できるサイクルトレインの運行を行ってきました。こうした実績を踏まえ、千葉県内の地域活性化を目的として、千葉の食・スポーツなどのツールを活用した『コトづくり』の一環として『B.B.BASE』を投入しました」。

次ページ「輪行」のわずらわしさを最小限に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。