「自転車を積める列車」で鉄道利用は増えるか

ママチャリOKの列車も…混雑時の扱いは課題

実際、群馬・栃木両県を結んで走る上毛電気鉄道では、毎年4万人ほどのサイクルトレイン利用者がいるという。サイクリストだけでなく、日常の買い物などにも積極的に利用する人が多く、鉄道の利用減少に歯止めをかける役割を果たしているのだ。

ただ、課題が少なくないのも事実。秩父鉄道では、土休日は観光客で混雑することも多いためサイクルトレイン運行区間が短くなっているし、駅施設の関係から利用できない(乗降できない)駅も多い。軽量化されているスポーツタイプの自転車であればともかく、通常のママチャリを担いで階段を昇り降りするのは現実的ではないだろう。サイクルトレイン利用の拡大には、こうしたハード面の課題もクリアしなければならない。もちろん、自転車の持ち込みが増えた際の一般乗客とのトラブルなどへの対策も必要だ。

地方鉄道を救うツールになるか

実は、今春に廃止されたJR三江線でもかつて自転車の持ち込みを可能にする提案がされたことがあった。2009年、沿線自治体による三江線改良利用促進期成同盟会が自転車の持ち込み制限緩和を要望したが、JRサイドからは「臨時便なら対応できる」との返答だったという。

小さいディーゼルカー1両で運転されていた三江線だからやむをえない面もあるし、当時はまだサイクルトレインへの理解は進んでいなかった時代だから、JR側の対応も当然だろう。とは言え、”二次交通”という弱点を抱えている鉄道にとって、サイクルトレインが持つ可能性は小さくないはずだ。

サイクリストたちが集まるきっかけとなり、さらに地元住民たちも日常の買い物などで積極的に自転車を列車に持ち込んで利用する――。さまざまな課題はあるにせよ、もしかするとサイクルトレインは、地方鉄道を救うひとつのツールになるかもしれない。「B.B.BASE」の活躍が、こうした議論のきっかけになることを期待したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT