「女性に最も危険な国」は、やっぱりあの国

西側諸国で米国だけがワースト10入り 

[ニューヨーク 26日 トムソン・ロイター財団] - トムソン・ロイター財団が世界の女性問題専門家548人を対象に今年実施した調査で、女性にとって最も危険といえる10カ国のなかに、西側諸国で唯一米国が含まれた。#MeToo運動をきっかけに性的嫌がらせや暴力の告発が続出していることが背景とみられている。

調査は危険度の高い国10カ国のランキングを発表、1位となったのはインドだった。以下アフガニスタン、シリア、ソマリア、サウジアラビア、パキスタン、コンゴ民主共和国、イエメン、ナイジェリアと続き、米国が10位となった。

ただ、性暴力や嫌がらせ、性行為強要などの項目では、米国はシリアと並ぶ3位、家庭内暴力や精神的虐待など非性的暴力の項目では6位となった。

調査は医療アクセス、経済的差別、女性差別的な文化、性的暴力、非性的暴力、人身売買の6つの主要項目で行われた。日本はいずれの項目でもワースト10カ国に含まれなかった。

2011年に実施した前回調査では、危険度の高い5カ国を特定、ランキングは1位からアフガニスタン、コンゴ民主共和国、パキスタン、インド、ソマリアとなっていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT