ドラッカーの経営原則は株投資にも活かせる

顧客満足や従業員など無形資産にフォーカス

――システムのスコアと株価との相関関係は、確認できましたか。

正の相関が見られる。2012年からのデータがあるが、スコアを元に選択した銘柄は、すべての年で市場平均の株価騰落率に勝っていた。

――投資信託の銘柄選択に活用する株式インデックス(指数)にするなど、ビジネス面の展開も考えられますね。

インデックスの商品化は考えている。現在、いくつかのグローバルな大手投資会社と話し合っており、今年中には実現したい。米国以外でも欧州や日本などある程度信頼できるデータがあるところでは、同様の展開ができるだろう。

ESG投資よりも対象とする領域が広い

――非財務情報を重視するという意味では、環境、社会、企業統治に配慮する企業を重視して選別するESG投資とも通じるものを感じます。

顧客満足や従業員エンゲージメント、イノベーションといった領域の計測は、ESG投資では行われていない。われわれのシステムにはアドバンテージがある。このシステムを使うことにより、投資家と経営者の対話がより建設的になればいい。

米国ではアクティビスト(物言う株主)がどんどん登場しているが、彼らのやり方は的を絞らない鈍器のようなものだ。公の場に出てくる対話というのは、アクティビストは「もっと株主還元しろ」、経営者は「長期戦略のために投資する」というものが多く、あまりかみ合わない話だ。われわれのシステムを使うことにより、投資家もより的確な質問をして、経営者もよりよい回答ができるようになるだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。