アルパインが「物言う株主」から狙われた必然

アルプス電気との経営統合に「待った」

東京大田区にあるアルプス電気本社。アルパインの本社も同じビルの中にある(撮影:大澤 誠)

カーナビや車載音響機器を手掛けるアルパインが、「物言う株主」に揺さぶりをかけられている。

アルパインと対決姿勢を見せているのは香港の投資ファンド、オアシス・マネジメント・カンパニー。これまで任天堂やパナホームに経営改革を提案するなど、日本で活発に動くファンドだ。5月には昭和シェル石油との経営統合問題に揺れる石油大手・出光興産の大株主として登場した。

そのオアシスがアルパインの株を取得したのが、2015年1月。現在は発行済み株式数の9%強を保有する大株主になっている。

6月総会に向けてプロキシーファイト

アルパインとオアシスは、6月21日に開かれるアルパインの定時株主総会に向けて激しいプロキシーファイト(議決権争奪戦)を展開中だ。オアシスは大幅増配と独自の社外取締役を提案。アルパインの取締役会はこれに反対し、前年と同額の配当と別の人事案を示している。

攻防の発端は、昨年7月に公表されたアルプス電気との経営統合だった。

アルプス電気はアルパインの約40%の株を保有する親会社。経営統合計画は2016年12月にアルプス電気がアルパインに持ちかけた。スマートフォンの台頭でアルパインが手掛けるカーナビなど車載機器市場は縮小傾向。同業のパイオニアは2期連続の最終赤字に陥っている。アルプス電気にとって統合は「アルパイン早期救済という側面がある」(アルプス電気社員)。

次ページアルパイン側の事情
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。