ドラッカーの経営原則は株投資にも活かせる

顧客満足や従業員など無形資産にフォーカス

ピーター・ドラッカーの経営原則に基づく企業のスコア化を、投資に生かす試みが始まった(写真提供:The Drucker Institute)
没後も高い人気を誇る米国の経営学者でマネジメント研究の第一人者であるピーター・ドラッカー(1909年~2005年)。その冠を抱いた研究所が、ドラッカーの経営原則を基に、企業マネジメントを評価してスコア化する作業を開始。株価との相関関係から、株式投資の世界での活用も検討されている。来日中のドラッカー研究所エグゼクティブ・ディレクターのザッカリー・ファースト氏に話を聞いた。

――ドラッカー研究所の成り立ちからお話しください。

1999年にドラッカー夫妻が米クレアモント大学院大学の中にアーカイブを作ったのが、始まり。ドラッカーの論文や書簡、書籍の原稿などを集め、研究者が活用できるようにしたものだ。ドラッカーはつねに先を考える人で、自分が亡くなった後にやってほしいことをまとめて書いていた。それは、自分自身の経営哲学や原則を実際の経営面でも実践してほしいというものだった。われわれ後の世代の研究者にとってはそれをどう実現するかが課題になった。

――それが昨年末に初めて発表した米国企業マネジメント・ランキングにつながったのですね。

ドラッカーの教えは時代を超え、彼の言う経営の効果性(エフェクティブネス)は、国や業界の違い、技術の変化を問わずに普遍的に当てはまるものだ。それというのも、人間そのものの要諦を深いところで理解していたからだと思う。しかしながら、人々の経営学の学び方は時代とともに変わってきている。彼の本は現在も人気があるが、もっと付加価値の高い研究内容としてデータを求めるようになってきている。

ドラッカーの経営哲学を広めるために、われわれのアプローチは3つある。第1は、ドラッカーの本を読んだり話したりすること。これはドラッカー存命中にもできていたことだ。第2に、ドラッカーの基本原則を、現代の経営者が求める数字に変換して、提供すること。そして第3に、それを財務や業績などおカネと関連したデータにすることだ。

無形資産のデータにフォーカス

――ドラッカーの原則に基づいた企業のスコア化とは、どのようなものですか。

企業には有形資産のデータと無形資産のデータがある。有形資産とは工場や機械設備などだが、要するにおカネのことだ。反対に無形資産は、従業員や顧客、アイデア、社会との関係など人間に関連することだ。ドラッカーは若いころに英ケンブリッジ大学に行き、よくケインズの講義を聴いたそうだ。そこでドラッカーがケインズから学び、気づいたことは、エコノミストは商品そのものの動きを気にかけるが、重視すべきは人間そのものの行動であるということだった。

エコノミストは、計測のしやすさもあり、もっぱら有形のモノやおカネの計測を行う。だが、われわれはドラッカーの原則に基づき、無形資産のデータにフォーカスしている。顧客満足や従業員エンゲージメント(関与)・人材開発といった無形資産があって、そこから最終的におカネ(利益)は生まれてくるものだ。

次ページどうやって無形資産のデータを集めたか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。