女優が「間借りカレー店」を始めた意外な事情

ブームの裏側にはドラマがあった

ところが間借りカレー店をやると決めた直後、嶋尾さんはお腹に子どもを宿していることに気づく。それでも「とりあえず半年間やってみよう」とカレー店の開業を決意する。

「もともと料理は得意でしたが、オーナーがたまに作ってくれるヘルシーなスパイスカレーがおいしくて、そこからカレーに興味を持ちました。身体にいいカレーというのは、妊娠したことで、これからは自分が食べたものがすべて赤ちゃんの身になるんだ、という思いも大きかったですね」

店の営業は平均週3、4日

また、店ではよくラム料理を出していて、ラム料理の可能性や面白さも知っていた。こうして、他店にはない唯一無二の「ラムステーキカレー」が誕生する。間借りカレー店「スパイス125」は、2016年3月にオープンした。

「スパイス125」店内の様子、ディナータイムはオーナー店舗「羊飯処 Hops125」として営業している(撮影:今井康一)

現在、嶋尾さんは1歳の娘の子育てをしながら、女優業と間借りカレー店の営業を掛け持ちしている。娘の保育園の送迎や入浴、寝かしつけ、家族の食事作りなどの合間に、カレーの仕込みや仕入れをし、店に立ち、時には夫が近くで営む酒屋の店頭にも立つ。

物件を丸々借りるのに比べればはるかに安い開業資金で始められる(撮影:今井康一)

逆に夫もカレーの食材の仕入れや保育園のお迎えを手伝う。そして子どもの行事や女優業が入ったときは、カレー屋は休む。店の営業は、平均週3、4日程度だ。

「カレー営業は不定休ということもあり、収支はホクホクというわけではありません。ただ、トータルではなんとか黒字にはなっています」(嶋尾さん)

間借りカレーのメリットの1つが、開業ハードルの低さだ。店のオーナーに間借り料を払う必要はあるが、物件を丸々借りるのに比べればはるかに安い。さらには店の調理器具や食器も使えるとなると、開業資金は材料費や立て看板代などの数万円程度で済む。オーナー側も、営業時間外の店を生かして賃料を得られる。

次ページカレー店で得た利益はどうしているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。