マクラーレンの驚異的成長を導いた力の正体

ランボルギーニに並び、フェラーリを追う

池田:そのほかにGTシリーズがありますが、これはレース専用という理解で良いのですよね?

ビッグス:GT3とGT4はおっしゃるとおりです。

池田:経営戦略を伺います。北イングランドにカーボンを扱う新工場を立ち上げる計画を表明しておられますが、従来の工場でもカーボンシャシーの生産はしていたはずです。新工場ができることによって新たに可能になることは何ですか?

ビッグス:確かに現在の工場でもカーボンシャシーの生産をしています。しかし現在のカーボンは素材に関してライセンスによる外部調達となっています。しかし今後のことを考えると、カーボン素材に関しては内製化へ移行していきたいと考えています。それがわれわれの利益に結び付きます。工場新設の目的は、カーボンシャシーを含むあらゆるカーボンを自力で生産できるようになっていくことが競争力につながっていくところにあります。

池田:トラック22計画について教えてください。私は2022年までに15モデルをデビューさせ、かつその半数をハイブリッドモデルにすると理解をしています。それによってマクラーレンがどんな成果を得ようとしているのか、数値目標も含めて説明いただけますか?

最先端テクノロジーを取り入れつつも、エートスは変わらない(撮影:尾形文繁)

ビッグス:トラック22についてはおっしゃるとおり、われわれが成長していくために策定されたプランです。しかし、その成長は勝手な計画ではなく、市場のニーズに応えていくということでもあります。トラック22では、スポーツカーシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズそれぞれに新製品を投入し、現在年産約3300台の販売台数を4500から5000台まで増やすことを目標としています。

そして50%はハイブリッドです。派生車種も含めて15車種を展開しますが、すでにデビューしている720Sや570スパイダー、そして今回発表したセナはこれの計画に含まれています。われわれは1世代の適正なライフインターバルを5年と考えています。

フェラーリの背中を追い始めたマクラーレン

インタビューを終えて、振り返ると、マクラーレンの意気盛んさに改めて驚かざるをえない。3300台という販売台数に満足することなく新たに5000台の目標を掲げてモデルラインを追加していく。すでに捕捉済みのランボルギーニではなく。8400台でトップを走るフェラーリの背中を追い始めたと見ていいだろう。

追われるフェラーリはこれまでの生産台数を抑えて希少性を維持する戦略を方向転換し、新たに9000台の目標を設定した。少なからずマクラーレンを脅威と感じているのだろう。もちろんランボルギーニもそのまま座して待つわけではあるまい。さらにマクラーレンの成功を横目に、かつてF1の名門コンストラクターだったブラバムが新型スーパーカー「BT62」を発表したばかりだ。スーパーカーリーグの新たな戦国時代が始まろうとしている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。