ヘビ捕獲男性、セルフィーを試みて窒息危機

同僚に助けてもらい、危機を免れた

 6月19日、インドの西ベンガル州で、捕獲したニシキヘビとセルフィーを撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングが17日に起きた。動画の静止画像から(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - インドの西ベンガル州で17日、捕獲したニシキヘビとセルフィー(自撮り写真)を撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングがあった。

森林警備担当のこの男性は、通報を受けて2匹のヘビが見つかった場所に向かい、ヘビを捕獲。しかしすぐには袋に入れず、首の回りにヘビを置き、20人以上が見守る中、スマートフォンでセルフィーを撮ろうとした。するとヘビが動いて首に絡みつきそうになり、同僚に助けてもらい、危機を免れた。

ヘビの体重は約30キロとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT