ヘビ捕獲男性、セルフィーを試みて窒息危機

同僚に助けてもらい、危機を免れた

 6月19日、インドの西ベンガル州で、捕獲したニシキヘビとセルフィーを撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングが17日に起きた。動画の静止画像から(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - インドの西ベンガル州で17日、捕獲したニシキヘビとセルフィー(自撮り写真)を撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングがあった。

森林警備担当のこの男性は、通報を受けて2匹のヘビが見つかった場所に向かい、ヘビを捕獲。しかしすぐには袋に入れず、首の回りにヘビを置き、20人以上が見守る中、スマートフォンでセルフィーを撮ろうとした。するとヘビが動いて首に絡みつきそうになり、同僚に助けてもらい、危機を免れた。

ヘビの体重は約30キロとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。