ヘビ捕獲男性、セルフィーを試みて窒息危機

同僚に助けてもらい、危機を免れた

 6月19日、インドの西ベンガル州で、捕獲したニシキヘビとセルフィーを撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングが17日に起きた。動画の静止画像から(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - インドの西ベンガル州で17日、捕獲したニシキヘビとセルフィー(自撮り写真)を撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングがあった。

森林警備担当のこの男性は、通報を受けて2匹のヘビが見つかった場所に向かい、ヘビを捕獲。しかしすぐには袋に入れず、首の回りにヘビを置き、20人以上が見守る中、スマートフォンでセルフィーを撮ろうとした。するとヘビが動いて首に絡みつきそうになり、同僚に助けてもらい、危機を免れた。

ヘビの体重は約30キロとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。