ヘビ捕獲男性、セルフィーを試みて窒息危機

同僚に助けてもらい、危機を免れた

 6月19日、インドの西ベンガル州で、捕獲したニシキヘビとセルフィーを撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングが17日に起きた。動画の静止画像から(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - インドの西ベンガル州で17日、捕獲したニシキヘビとセルフィー(自撮り写真)を撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングがあった。

森林警備担当のこの男性は、通報を受けて2匹のヘビが見つかった場所に向かい、ヘビを捕獲。しかしすぐには袋に入れず、首の回りにヘビを置き、20人以上が見守る中、スマートフォンでセルフィーを撮ろうとした。するとヘビが動いて首に絡みつきそうになり、同僚に助けてもらい、危機を免れた。

ヘビの体重は約30キロとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。