ヘビ捕獲男性、セルフィーを試みて窒息危機

同僚に助けてもらい、危機を免れた

 6月19日、インドの西ベンガル州で、捕獲したニシキヘビとセルフィーを撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングが17日に起きた。動画の静止画像から(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - インドの西ベンガル州で17日、捕獲したニシキヘビとセルフィー(自撮り写真)を撮ろうとした男性が、撮影しようとしている際にヘビに首を絞められそうになるというハプニングがあった。

森林警備担当のこの男性は、通報を受けて2匹のヘビが見つかった場所に向かい、ヘビを捕獲。しかしすぐには袋に入れず、首の回りにヘビを置き、20人以上が見守る中、スマートフォンでセルフィーを撮ろうとした。するとヘビが動いて首に絡みつきそうになり、同僚に助けてもらい、危機を免れた。

ヘビの体重は約30キロとみられている。

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 女性の美学
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。