「若手は出世願望がない?」の謎を解く

いよいよやってくる「出世」解禁

ただ、それでも団塊の世代が数年後にはリタイアします。長年、組織で幅をきかせてきた人材が一気に職場から消えるのです。すると、どうなるか? 職場が若返る(ざるをえない)状態になるのは明らかです。

《課長が部長、部長が役員に抜擢、平社員の君も課長に昇進してもらう》

と、出世の可能性が大幅に広がるのは間違いありません。

すでに、その兆候が出ている職場もあります。金融機関の子会社でリース業務を請け負う会社。部長クラスの大半は金融機関からの出向、転籍組です。その大半が来年で定年を迎えることに。そうなると、その穴埋めのため、再び金融機関からの出向社員を受け入れることになりますが、その会社の経営方針は

《今後の経営幹部は、半数以上をプロパー社員から抜擢する》

となっており、ここにきて、課長クラスが急激に出世をし始めたのです。

当然ながら課長が出世すれば、玉突きで若手から課長に抜擢される人が増えて、管理職の平均年齢が一気に10歳近く若返りました。それに伴い、20代の若手社員も一度はあきらめかけた出世を思い出し、仕事への意欲が高まってきている様子です。

孔子も出世を志した

こうした団塊の世代の大量退職を契機に、管理職の若返りを図ろうとする職場は少なくありません。

ですから、出世をあきらめずに、職場で上昇志向をアピールしておくことは大事です。ちなみに企業の管理職に取材して「出世に必要だと思う条件」を尋ねたところ、“出世したいという意欲”という言葉が共通で出てきました。一方でR25の取材によると20~39歳のビジネスパーソンが考える出世の条件は

1位 行動力

2位 豊かな人脈

3位 人望

ごもっともですが、できればこれに“出世欲”を加えたいものです。

最後に2500年前の思想家で論語などを通じて「徳」について教えを広めた孔子も、出世について言及しています。

ここで孔子が登場するのには訳があります。聖人君子のような存在にとって出世など関係ないもの…に思えますが大間違い。出世を志しながら叶わず挫折の日々。その結果、出世する周囲に対して嫉妬も抱きました。ゆえに、出世したいと願う気持ちは人間らしい、やる気の源泉と否定しません。

ただ、大事なことは出世して何をしたいか?目的を明確にせず、手段だけにしてはいけないと語っています。みなさんも周囲に幸せをもたらす目標をもって、出世を志しましょう。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT