WDと東芝メモリ連合は「サムスン」に勝てるか

日本の半導体産業「最後の砦」の行方

――WDはハードディスク装置(HDD)の会社です。SDはフラッシュメモリによるHDDの置き換えを目指してきました。いわばライバルです。統合してうまく行きますか。

SDではフラッシュメモリだけだったが、HDDも含めてストレージ(記憶装置)を総合的に提案できるのは強みだ。それを日本でも力を入れていく。

――サーバーの記憶装置もHDDからフラッシュメモリを利用したSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)への置き換えが進んでいます。HDDは負の遺産になるのではありませんか。

HDDはフラッシュメモリに比べて記憶容量当たりのコストが圧倒的に安い。技術進化も止まっていない。これからもHDDはなくならない。

日本の半導体産業に必要なもの

――小池社長は日立製作所やその子会社、さらにルネサステクノロジ(日立と三菱電機の半導体合弁、後にNEC系と統合しルネサスエレクトロニクスになる)で長く半導体事業に携わってきました。半導体事業は総合電機の一部門であるのと、独立した専業と、どちらが適していると考えますか?

リスクマネジメントという観点からは総合電機のメリットがあるかもしれない。だが、専業のライバルは24時間、120%半導体だけを考えている。すべての経営資源を半導体事業に投入できるのは意味がある。

──東芝メモリ売却では日の丸半導体を残したい経済産業省の関与がありました。日本で半導体産業を続けるには何が必要でしょうか。


“日本人だけ”や“日本のやり方”に固執するのではなく、世界の優秀なエンジニアを日本に集められるようにすることが大切だ。

また、工場周辺のインフラ整備など働く環境をよくしてほしい。業界首位、サムスン電子の韓国の巨大工場では近くまで高速鉄道が引かれている。それは難しいとしても、半導体産業にかかわる外国人にとって四日市は世界一だ、行ってみようとなるような支援はありがたい。

WDは外資系だが、日本で800人以上のエンジニアを採用している。東芝とともにこれまで四日市だけで約3兆円を投資しており、今後も日本には兆円単位で投資していく。

──サムスンに太刀打ちできますか。

当記事は「週刊東洋経済」6月23日号 <6月18日発売>の転載記事に一部加筆したものです

サムスンは巨大で技術的にも優れた強敵だ。だが、WDと東芝メモリの合計シェアではサムスンに拮抗している。技術面でも勝っているとまではいえないが、十分に戦っていける。今後も両社で研究開発を怠らず、必要な設備投資を継続することが重要だ。

──中国は国を挙げてメモリ産業を育成しています。

まだ技術的に3世代遅れているが、国策でやっているので脅威ではある。一歩でも二歩でも先を行くように努力するしかない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。