金正恩氏、首脳会談前夜にシンガポール観光

植物園などを訪問

 6月11日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が外出した。写真はシンガポールのリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」で同日撮影(2018年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 11日 ロイター] - 米朝首脳会談のためシンガポールを訪れている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が11日夜に外出し、市内の植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」や天空プールで知られるリゾートホテルの「マリーナベイ・サンズ」などを観光した。

10日にシンガポール入りした金氏はその後公に姿を見せていなかったものの、現地時間午後9時ごろ、毛沢東スタイルのスーツ姿で妹の金与正(キム・ヨジョン)・党第1副部長や側近と共にホテルを出て、リムジンに乗り込んだ。

同行したシンガポールのバラクリシュナン外相は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで金氏とイェクン・シンガポール教育相の3人で自撮りした写真をツイッターに投稿した。

マリーナベイ・サンズに立ち寄った後は、シンガポールのアイコン的存在である「マーライオン」像そばの歩道を歩き、観光を楽しんだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。