「人間のくず」ボルトンが米朝会談を左右する

制裁強化を主導した人物は会談に同席するか

米朝首脳会談の開催場所はシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決まった。写真は同ホテル(写真:ロイター/Capella Singapore/via REUTERS)

6月12日、ドナルド・トランプ米大統領による筋書きのない世紀のライブショーが行われる。ショーの相手は北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長だ。1回だけの会談では踏み込んだ合意は難しく、「非核化」の大枠合意で終わり、本格的な協議は次回の会談に持ち越されるとの見方も出ている。

交渉のはカギは「ボルトン」「CVID」「終戦宣言」

ただ勝負師気質が強い2人が、「世紀のビッグディール」を成し遂げる可能性もまだ残っている。対北朝鮮強硬派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当、交渉のキーワードであるCVID(完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)、朝鮮戦争終結の前段階となる「終戦宣言」の3つの視点で、交渉の行方を占ってみる。

セントーサ島の様子(写真:ロイター/Edgar Su)

会談場所はシンガポールのセントーサ島にあるカペラホテルとなった。世界の注目を浴びているこのホテルの歴史は19世紀末まで遡る。英国の植民地時代に英国軍人らが使った2つの建物がホテルの母体だ。

2つの建物は現在もそのまま保存され、さらに、英国出身の世界的な建築家ノーマン・フォスターが設計したモダンな新館が並んでいる。112の高級客室があり、そのうちスイートは51。最高では1泊82万円だという。

会談開始は、現地時間の午前9時、日本時間では午前10時だ。米国の東部時間では午後9時となり、多くの国民がテレビの前に座って会談の推移を見守ることだろう。会談はどのような様子で進むのか、占ってみたい。

次ページトランプ式握手
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。