ダイハツが軽トラに最先端技術を載せた意味

ハイゼットトラックに衝突回避ブレーキ機能

軽トラに衝突回避支援ブレーキ機能を載せたのはダイハツが初めてだ(写真:ダイハツ工業)
かつて全日本F3選手権に4年間参戦した五味康隆が、元レーシングドライバーの目線から「絶賛できるクルマ」だけを取り上げる本連載。今回は意外な小型車を取り上げる。

地方の山間部や農村部の国道・県道を走っていると、よく遭遇するのが軽トラック(軽トラ)だ。農家の仕事用として農作物や肥料などを運んでいたり、あるいは日常生活の足として移動や買い物に使っていたりする光景を見掛けたことのあるドライバーは少なくないだろう。

軽トラック向けに最適化させた最先端の安全技術

そんな軽トラの分野にも、最先端の安全技術が投入され始めている。

ダイハツ工業は今年5月末に一部改良した軽トラ「ハイゼット トラック」シリーズに衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」を搭載した。ルームミラー裏に隠れる世界最小のステレオカメラをクルマの前方を見定める目として使い、衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報などを備えた「スマートアシストⅢ」を、軽トラック向けに最適化させた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ダイハツは2012年末から軽乗用車に衝突回避支援システム「スマートアシスト」を順次搭載してきた。スマアシⅢはその名のとおり、その第3世代に当たる。そしてダイハツを含めて軽トラに衝突回避支援ブレーキ機能を載せたのはダイハツが初めてだ。

ホンダの軽トラ「アクティ・トラック」は、急ブレーキ時にタイヤがロックして滑っていくのを防ぐEBD(電子制御制動力配分システム)付きABS(4輪アンチロックブレーキシステム)を搭載。スズキの軽トラ「スーパー キャリイ」もEBD付きABSと、発進時にブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ誤発進抑制機能を装備しているが、両社とも衝突回避支援ブレーキ機能は載せていない。

軽乗用車でも導入が進んできた衝突回避支援ブレーキ機能が、軽トラになかなか搭載されなかったのには、主に2つの理由がある。

次ページコストと技術面の問題
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT