ダイハツが軽トラに最先端技術を載せた意味

ハイゼットトラックに衝突回避ブレーキ機能

これらの点から装備や構造が簡素で比較的安価な軽トラックといえど、衝突回避支援ブレーキ機能の搭載はもはや不可避な流れとなっているのだ。

せっかく予防安全機能の話を掘り下げてきたので、さらに少しお付き合いいただきたい。今は衝突回避ブレーキ機能の「ある・なし」をクルマ選びの要素に取り入れている自動車ユーザーも増えてきているが、警報にもぜひ注目をしていただきたい。

ドライバーに危険な状況をいかに早く的確に察知させるかという観点でも、ダイハツのスマアシⅢは優れている(写真:ダイハツ工業)

衝突回避支援ブレーキ機能も大事だが、それは最後の手段。それ以前に重要なのはドライバーに危険な状況をいかに早く的確に察知させるかだ。これができるほどに支援ブレーキさえいらなくなるということ。これに関してはどのモデルの警報が早くて正確かを比べるのは一般的に難しいが、実はこの観点でもダイハツのスマアシⅢは優れていることも伝えておこう。これらの背景が本連載に取り上げた理由だ。

予防安全装置の普及は急務

もちろんハイゼットトラックの予防安全が完璧であり理想とは言わない。今の周りの状況と照らし合わせると、高価になるし搭載スペースの問題もあるが、ホンダが軽自動車に採用を開始したミリ波レーダーを“加えて”使えば、カメラ映像がボヤける霧や大雨のなかでもクルマだけはとらえて緊急ブレーキ制御を行える。

スズキの軽トラックが採用している後方ソナーセンサーを使えば、荷物の大きさなど積載状況によって後方視界が遮られるトラック特有の使用ケース時の子どもの見落としなどを抑制できるなど安全や安心も得られるし、後方の誤発進抑制機能も得られる。そのスズキの軽トラックには、衝突回避支援ブレーキがないので、予防安全機能の設定や普及がどれだけ大変かは各社の現状からも十分にわかる。

そういう状況なので、まず軽トラックに初めて衝突回避支援ブレーキ機能を装着してきたダイハツには拍手を送りたいし、応援したいと思っている。

同時に多くの人に、予防安全装置の普及は、クルマに乗っていない人たちを守るためにも急務であることを知っていただきたい。そして高齢化が加速していくなか、ニュースで目も当てられない……誰も幸せにならない街中での歩行者を巻き込んだ交通事故の情報が飛び交う頻度が少なくなることを願うばかりだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT