BMW「M5」が最新進化で見せた驚愕の走行性能

600馬力受け止める4WD化は何がスゴいか

BMWのハイパフォーマンスブランド「M」を牽引し続けてきた新型「M5」(写真:BMWのサイトより)

かつて全日本F3選手権に4年間参戦した五味康隆が、元レーシングドライバーの目線から「絶賛できるクルマ」だけを取り上げる本連載。今回はBMW「M5」の最新進化を追う。

素直で優れた旋回力を求めて、これまで操舵輪である前輪は駆動させない後輪駆動のFR(フロントエンジン・リアドライブ)パッケージを大事にしてきたメーカーは多い。しかし今や勢いのあるスーパーカーブランドのマクラーレンでさえ、4輪駆動への移行を示唆している状況であり、ハイパフォーマンスカーにおいて4輪駆動は必須アイテムの様相を示してきた。

BMWの新型「M5」

そして今回紹介するモデルもまた、歴史を振り返ると「とうとう4輪駆動にしてきたか!」と表現したくなる典型的なモデル。そう、BMWのハイパフォーマンスブランド「M」を牽引し続けてきた新型「M5」がそれだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この流れは当然であり必然だろう。なぜなら搭載されるエンジンは、最大出力600馬力(441kW)、最大トルク750Nmを発生するV型8気筒ツインターボエンジン。レーシングカーはレギュレーションでエンジン出力などを規制されている状況を踏まえると、絶対値ではスーパーGTなどトップカテゴリーのレーシングカーのレベルに匹敵……いや超えるレベルにある。

その驚異的な性能を一般道でのウェット路面も含めて安全に“誰もが”扱えるようにしないといけないのだから、4輪駆動は必須のアイテムだ。

今までの2輪駆動ではできなかっただろう。新型M5は4つのタイヤで600馬力、750Nmを路面に伝え、停止状態から100km/hまでたった3.4秒で加速する俊足を持つ。一般道だけでなくサーキットでも試乗したが、その速さや刺激に驚くとともに、矛盾するように聞こえるだろうが同時に得られる穏やかさにも驚かされる。

次ページ驚異的かつ刺激的に加速する
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT