50歳を過ぎたら葬儀には行かないほうがいい

心のなかで故人と語り合うだけで十分だ

いったい、なんのために葬儀に来たのかと疑いの心さえ芽生えてくる。偲ぶ気持ちもないならば、声をかけられたからといってノコノコ来るな、ということである。

葬儀そのものについても、一言申し上げておきたい。むやみに大規模に、知り合いに一斉に声をかけるような葬儀は、時代に取り残されておりませんか、ということだ。だいたい、冠婚葬祭のなかで、葬儀ほど厄介なことはない。

当たり前だが、葬儀はたいてい、突然やってくる。家族も親族も大変。悲しみのなかで準備しなければならない。そのうえ、故人をしのぶ間もなく、見も知らない人たちを迎え、戸惑うばかりだろう。

口ではいえないが、呼ばれたほうも迷惑

それだけではない。微妙な関係の相手なら葬儀に呼ばれたほうも、口にはできないが、結構、迷惑。大事な予定をキャンセルしなければならないこともある。出張先からなら、喪服の手配もしなければならないし、香典が必要なのか不要なのかも確認しなければならない。かなり手間がかかる。

呼ばれたのだからと参列すれば、「いや、遠いところ、参列していただかなくてもよろしかったのに。わざわざ、申し訳ありません。ただ、亡くなったお知らせだけのつもりで」などと言う。

それなら、連絡自体、後日でもいいのではないか、と思う。

そもそも葬儀には、笑顔の人、見知らぬ人はいらない。それよりも近親者だけで行うべきだ。しめやかに、しみじみと、故人を思い偲んだほうがいい。

そのように日頃思っていたら、最近は相当有名な方でも、家族、親族だけの家族葬をするようになったと、ある葬儀社の人から聞いた。誰でも同じようなことを考えているようである。それで、葬儀場も大きなホールのようなところは不要ということで、「今、ウチは、ほとんどの部屋を数人で家族葬ができる個室にしています」とのこと。

最近は、形式的な社葬や大掛かりな葬儀は、もう時代遅れと考える人も増えてきたということ。大いに結構。今後は会社の誇示や遺族の虚栄心のための葬儀はなくなるだろう。それが葬儀の本来であろう。

次ページあえて断言したいこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT