実績と経験のW杯代表23人に課せられた使命

平均28.3歳、ベテラン中心がもたらす影響

香川と岡崎のガーナ戦でのプレーを振り返ってみると、香川は左シャドウとトップ下で後半の45分間、岡崎は1トップと2トップの一角として後半の31分間プレーした。

香川は登場から10分間は凄まじい迫力で攻めに出て、シュートを立て続けに2本放ち、右ウイングバックの酒井高徳(ドイツ1部・ハンブルガーSV)に目の覚めるようなサイドチェンジを送るなど、非常にアグレッシブな印象を残した。

が、その10分以降は勢いがダウン。90分ゲームをしていない問題点を露呈した格好だ。岡崎のほうもレスターでプレミアリーグ制覇を成し遂げた15-16シーズンのような前線からのハイプレスや動き出しの速さが影を潜めていて、シュートシーンもないまま終わってしまった。彼らに大きな期待を寄せる西野監督としても、もっと調子を上げてほしいと熱望しているはずだ。

「本当に積み重ねてきたものがある。ブラジルのピッチで感じた悔しさであったり。あの結果が自分たちを強くしてくれたというのをロシアで証明したい。そのためのプロセスは十分築き上げてきたと思っているし、自分自身も信じているので、ピッチで証明していきたいです」と香川は4年前のリベンジを誓ったが、岡崎も同じ気持ちに違いない。

ブラジルでの惨敗をロシアで繰り返すようなことがあれば、日本サッカーは過去にない窮地に立たされるだろう。逆に、彼らが日本を1次リーグ突破へと導くことができれば、「西野監督の選択は間違っていなかった」という話になるはず。圧倒的な実績を誇る「ビッグ3」の中の2人が率先してそう仕向けなければ、選から漏れた若手も納得がいかないかもしれない。

日本代表の危機を救うのは23人にしかできない

「23人に選ばれた人は絶対に結果を出さないといけないし、そういう気持ちを持たないとこれから日本のサッカーは発展しない。誰が選ばれてもしっかりと結果を求めてこれからの世代につなげていかないと日本はいい方向に進まないと思います」

これはブラジル経験者の1人である清武弘嗣(J1・セレッソ大阪)が口にした言葉だが、まさにその通りだ。岡崎や香川、他のメンバーも浅野や井手口、三竿、他に外れた代表候補たちの悔しさを背負って、ロシアで戦わなければいけない。ハリル監督解任、不本意な結果が続く日本代表を危機から救うのは自分たちであることを改めて再認識してほしいものである。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。