職場の「雑談しやすい人」になる簡単なコツ

協力が得られやすくなり、生産性も上がる

「ちなみに」「個人的には」が適度な会話を促進する

とはいえ、相手の話をただ聞いてうなずいているだけでは会話は盛り上がりません。相手の話を受け止めつつ、その話を深く掘り下げたい、あるいは広げたいもの。その際、便利な2つの枕詞があります。「ちなみに」と「個人的には」です。

「ちなみに、そういう失敗談なら僕も経験があってね……」

「なるほどね。個人的には、旅行するなら海よりも山がいいな。実は来週も天竜の山にドライブに行こうかと思っていてね……」

このように、話をより深める/広げることができます。相手はあなたのことをより深く知ることができて親近感を持つとともに、その後の雑談のきっかけづくりにもなります。

人は頼られるとうれしく思うもの

相談モードで話しかけてみる

むしろ部下のほうが忙しく、なかなか雑談をもちかけにくい。わざわざ業務外のことを自分から話しかけにくい。そんなときは、相談モードであなたから部下に話しかけてみましょう。

『話し下手のための雑談力』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「ちょっと個人的に困っていることがあるんだけれど、話聞いてもらってもいいかな?」

「息子が読書感想文の宿題で困っているんだけれど、オススメの本ないかな?」

「Excelの使い方で困っていて、ちょっと教えてもらいたいんだけれど」

「来週富山に出張するんだけれど、確か出身だったよね? 食事どころのオススメ知っておきたいんだけれど教えてもらえる?」

人は頼られるとうれしく思うもの(頼りすぎは問題ですが)。それが年上や目上の人からなら、なおのこと。この会話をきっかけに、部下が気軽に話しかけてくれたり、相談をもちかけてくれるようになったら理想ですね。

以上、職場で雑談を増やすコツについてご紹介しました。職場の人間関係やパフォーマンスが変わるきっかけになればと願っています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。