東京で山椒ラーメンが静かに人気を呼ぶ理由

国産香辛料が織りなす独特の新しい味わい

「麺屋 坂本01」は、ぶどう山椒を使ったラーメンを提供している(筆者撮影)

ラーメンに山椒を使うお店が増えている

山椒(さんしょう)。独特の香りと辛味を持つ香辛料だ。ウナギの蒲焼きや焼き鳥に振りかける以外には、普段なかなかお目にかかれない印象があるが、実は日本を原産とする。

この連載の一覧はこちら

そんな山椒が意外な料理とのコラボレーションを見せている。東京を中心としてラーメンに山椒を使うお店が増えてきているのだ。

昨年4月、東京・北区の東京メトロ「王子神谷」駅から徒歩7分の場所にオープンした「麺屋 坂本01」は、ぶどう山椒を使ったラーメンを提供している。鶏ベースの醤油スープにぶどう山椒独特の爽やか感が特徴になっている。

「麺屋 坂本01」の外観(筆者撮影)

このラーメンが開店1年目にしてミシュランガイド東京のビブグルマンを獲得した。ミシュランガイドにおいてビブグルマンとは、星(一つ星~三つ星)はつかないが、5000円以下(東京・京都・大阪版。他は3500円以下)で特におすすめの食事を提供しているお店に与えられる。

ミシュランガイドの東京版では2014年発売の『ミシュランガイド東京2015』からラーメン部門が設けられている。最新の『ミシュランガイド東京2018』では計26軒のラーメン店が載っている。世界的にも権威のあるミシュランのお墨付きを得たことになる。

次ページ阿佐ヶ谷には…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。