世界最大の「無印良品」にみる無印の"未来形"

堺北花田でスーパーマーケットをビルトイン

(左)頭を切り取り、内臓を抜いたアジ2尾がなぜか「無印鮮魚」として540円で売られていた(右)「魚のサービスカウンター」では、下ごしらえや盛り付けといった調理サービス、干物加工、刺身や寿司、祝い鯛などの予約を受け付ける。シニアの夫婦が1万円の刺身の盛り合わせを注文していた(筆者撮影)
(左)炙りのアイテムは、高級魚のきんき、のどぐろ、太刀魚、甘鯛、単品の他に4品盛り1080円も(右)冷凍アイテムは鮭やタラなどの冷凍魚アジなどの冷凍干物、冷凍エビなどをそろえている(筆者撮影)
(中央)ベーコン、さえずりなどクジラの加工品やからすみなども品揃え。明太子はチューブのものも取り扱っている。珍味や佃煮、せんべいなど水産加工品も投入している(右)店内加工の巻物はまぐろ324円、うなきゅう258円など、いなり寿司は、くろごま216円、わさび、カレー各216円、あさり、焼鯖各300円(全て3個入)。奈良県五條市の柿の葉すし本舗たなかのアイテムも展開している(筆者撮影)

セルフの精肉売場は壁面とオープンケースで構成されている。牛は生産者と直接開発した宮崎県産黒毛和牛「宮崎ハーブプレミアム」、北海道産のホルスタイン。豚は産地直送の「沖縄あぐー豚」「高城の里」。鶏は「丹波鶏」「黒さつま鶏」「阿波尾鶏」と、ブランド肉をメインにいずれも国産の商品を展開している。デジタルサイネージで生産者の情報なども発信している。

〈精肉〉デジタルサイネージで生産者情報などを発信

ガラスケースの量り売りの対面販売コーナーも設け、宮崎産黒毛和牛「ハーブプレミナム」と「沖縄あぐー豚」、ローストビーフなどの加工品を販売している。

壁面ケースは牛、豚、鶏、ひき肉、豚ではカナダ産「麦とハーブの三元豚」も投入し、鶏では国内産若鶏ムネを100g78円、モモを98円で販売している(筆者撮影)
売場中央にはオープンケースを展開し、お買得商品も販売している。柱周りにはディスプレーも(筆者撮影)
次ページローストビーフやハンバーグも販売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT