無印良品が放つ「食のテーマパーク」の全貌

鮮魚から総菜まで、世界最大店が大阪に開業

世界最大の無印良品店舗が3月20日に大阪・堺でオープンした。店内には食品がずらりと並び、色とりどりの野菜が目立っていた(記者撮影)

高い天井が印象的なフロアに陳列された色とりどりの野菜。作りたてのパンや総菜がたくさん並び、中央に配置されたガラス張りのキッチンでは手作りのヨーグルトやカレーが提供される。

売り場の半分は食品が並ぶ

まるで海外の高級スーパーのような開放感にあふれたこの店舗は、良品計画が初めて「食」をテーマとして3月20日に改装オープンした「無印良品 イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)。

鮮魚コーナーでは、産地直送の魚や刺し身、寿司も買うことができる(記者撮影)

カフェコーナーを含む売り場面積は、従来店舗の約10倍に当たる4300平方メートルと、無印良品の店舗としては世界最大となる。フロア内には、鮮魚や精肉、青果といった生鮮食品から菓子やレトルト食品、さらに衣服や雑貨、書籍まで幅広く取りそろえられている。

売り場のほぼ半分は、食に関連した商品が並ぶ。無印良品では、旗艦店である有楽町店の一部フロアで有機野菜や果物を扱ってきたが、鮮魚や精肉まで販売するのは初めてだ。

独自のノウハウが必要とされる生鮮食品の仕入れ・販売については、複数のパートナー会社との協働体制を構築。朝どりの産地直送の魚介類や無農薬野菜、生産者指定品など、やや高額ながら品質にこだわった商品が目立つ。青果と鮮魚は約3割が産地直送の商品という。

次ページ無印が食品を強化する理由とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。