健康を脅かす「不眠症」への超シンプルな対処法

不眠症は「眠れない病気」ではない

「床についてから何時間も寝つけなかった」という訴えをよく聞くが、そもそもそれが事実ではないことも多いという。

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「いくら寝つけないといっても、ずっと時計を睨んでいるはずはありませんよね。ベッドに入ってしばらくたち、ふと時計を見たら何時間もたっていた。しかし実際には、その間のどこかで寝落ちしている時間帯があるものです」

さらに三島氏はこう続ける。

「実際に脳波を測定しながら不眠症の人に寝てもらい、翌日に寝つきにかかった時間や睡眠時間を聞くと、自分で感じている睡眠時間と脳波測定の結果が2、3時間ずれていることも稀ではありません。このような状態を専門用語で『睡眠状態誤認』と呼びます

「眠れないのではないか」と思うから眠れなくなる

実際には眠れていないわけではないが、本人は「眠れていない」と感じている。そして、ひとたび「眠れない」と気に病んでしまうと、「今日も眠れないのではないか」という強迫観念が生じる。そして、ベッドに入ると緊張する「ベッド恐怖症」のようになって、本当に眠れなくなってしまうという。

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「こうして起こる不眠症状による日中の体調不良が、週に3日以上ある状態が3カ月以上続いた場合には、治療が必要な慢性不眠症と診断されるというのが、現在最もよく使われている基準です」

つまり不眠症は、個々が感じている『苦痛の度合い』で診断されるものである。発症の原因はストレスや病気などさまざまだが、いったん発症すると、不眠恐怖から慢性化するという心理的プロセスをもつ睡眠障害といえるのだ。比較的、神経質な人に起こりやすく、うつ病との関連性が高いのも、そのためなのである。

不眠症を招きやすい性格や感じ方を、不眠症予防のためといって自分で変えることは、なかなかできない。それでも、「睡眠不足に関しては、心がけ次第で十分、対策の余地がある」という。

不眠が深刻化して病気リスクを招かないためにも、くれぐれも日頃の睡眠の取り方に気をつけたいものである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。