37歳婚活女性がハマる「8歳若い彼氏」のワナ

いま結婚を決断しない男は1年後もしない

一昨年の4月に入会し、2カ月で退会した39歳の彩乃(仮名)のケース。彩乃は同い歳の男性、洋次(仮名)と2年半付き合っていた。洋次は都内に一人暮らしをしていて、彩乃は実家暮らし。三恵と勉とは逆パターンだったが、週末は洋次の家に行き、そのまま泊まるようなデートを繰り返していた。40歳の誕生日を目前にしていた彩乃は、そろそろ結婚をしたかったのだが、洋次は結婚を言い出さなかった。

そこで、私のところに入会し、お見合いをスタートさせた。このケースは、洋次が彩乃の変化を感じ取ったのだろう。「結婚は真剣に考えているから、心配しないで」と言い出し、彼女の40歳の誕生日に「待たせちゃってごめんね。結婚しよう」と、プロポーズをしてくれた。

彩乃は相談所を退会するときに、私にこんなことを言った。

「たった2カ月間の相談所での活動でしたけど、入ってよかったと思います。10人の方とお見合いして、私の気持ちに余裕が生まれて、彼にすがらなくなった。追いかけると逃げるけれど、少し背中を向けると追いかけたくなるのが人の心理なのかもしれませんね」

もう1人、沙織(38歳、仮名)のケース。沙織の相手は三恵と同じで、年下だった。6つ年下の同じ会社の男性、範之(32歳、仮名)とは腐れ縁で、だらだらと4年くらい関係を続けていた。沙織の親友が私のところでお見合いをし、成婚退会をしたことを知って私を訪ねてきた。

「彼のことはやっぱり好きなので、今の関係をはっきりさせてから、婚活するかどうかを決めたいと思います」 

そして彼に「私と近い将来、結婚する気持ちはあるの?」と聞いたようだ。ところが彼は、「今は結婚を考える気持ちの余裕がない」と。そこで、彼女から別れを切り出し、婚活をスタートさせた。しかしながら、1年経っても結婚したいと思える男性に出会うことができず、沙織は、「婚活にいったん区切りをつけます」と退会していった。

結婚は、決断だ

この話をしたのちに、私は三恵に言った。

「結婚を言い出さない男性と付き合っているケースは、それぞれに違いますし、結果も違っています。でもね、結婚は、決断なんです。今結婚を決断できない男性は、1年後、2年後も結婚を決断できない。そして、結婚には、責任が伴います。今責任を取れない人は、1年後も2年後も責任を取りませんよ」

自分は結婚をしたいと思っているのに、結婚を言い出さない相手と付き合っている人は、そこを今一度考えてみるといい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。