核実験場廃棄、「日本メディアの招待なし」

政府は「前向きの動き」として歓迎だが…

 5月14日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。写真は都内で2015年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。ただメディアへの公開において日本が除外されていることについては、政府としてコメントする立場にないとした上で、北朝鮮に振り回されることなく毅然として対応するとの方針を示した。

北朝鮮に対しては、引き続き「日米韓で緊密に連携し、拉致・核・ミサイル問題に包括的に取り組んでいく」とした。

また、米朝首脳会談後にトランプ大統領が日本を訪問する予定があるかとの質問に関連しては、日米首脳会談を含め外交日程は含め何ら決まっていないと述べた。

トランプ米政権が本日14日に在イスラエル大使館をエルサレムへ移転することについては「中東全体情勢の悪化を懸念し、大きな関心をもって注視している」との姿勢を示した。日本政府としては、イスラエルとパレスチナ紛争の2カ国間の解決を支持しているとの考え方に変わりないとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。