核実験場廃棄、「日本メディアの招待なし」

政府は「前向きの動き」として歓迎だが…

 5月14日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。写真は都内で2015年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。ただメディアへの公開において日本が除外されていることについては、政府としてコメントする立場にないとした上で、北朝鮮に振り回されることなく毅然として対応するとの方針を示した。

北朝鮮に対しては、引き続き「日米韓で緊密に連携し、拉致・核・ミサイル問題に包括的に取り組んでいく」とした。

また、米朝首脳会談後にトランプ大統領が日本を訪問する予定があるかとの質問に関連しては、日米首脳会談を含め外交日程は含め何ら決まっていないと述べた。

トランプ米政権が本日14日に在イスラエル大使館をエルサレムへ移転することについては「中東全体情勢の悪化を懸念し、大きな関心をもって注視している」との姿勢を示した。日本政府としては、イスラエルとパレスチナ紛争の2カ国間の解決を支持しているとの考え方に変わりないとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。