核実験場廃棄、「日本メディアの招待なし」

政府は「前向きの動き」として歓迎だが…

 5月14日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。写真は都内で2015年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、北朝鮮が23─25日に行う予定としている核実験場廃棄について、前向きの動きとして歓迎したいと述べた。ただメディアへの公開において日本が除外されていることについては、政府としてコメントする立場にないとした上で、北朝鮮に振り回されることなく毅然として対応するとの方針を示した。

北朝鮮に対しては、引き続き「日米韓で緊密に連携し、拉致・核・ミサイル問題に包括的に取り組んでいく」とした。

また、米朝首脳会談後にトランプ大統領が日本を訪問する予定があるかとの質問に関連しては、日米首脳会談を含め外交日程は含め何ら決まっていないと述べた。

トランプ米政権が本日14日に在イスラエル大使館をエルサレムへ移転することについては「中東全体情勢の悪化を懸念し、大きな関心をもって注視している」との姿勢を示した。日本政府としては、イスラエルとパレスチナ紛争の2カ国間の解決を支持しているとの考え方に変わりないとした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?