関節性リウマチ患者の敵は過度の肥満だった

体を動かさないことが体重増加に直結

体重を減らせば、関節リウマチ患者の症状は改善するかもしれない(写真:REUTERS/Finbarr O'Reilly)

関節リウマチを患っている肥満体型の人は、より健康的な体重を維持している人に比べて身体機能に障害を持つようになる可能性が高いようだ。

米国の研究者たちは関節リウマチを持つ2万5000人を超える患者のデータを調査した。これらのうち、ほとんどの人は研究に加わった時点で太り過ぎあるいは肥満であった。極度の肥満の人たちは当初から何らかの障害を報告する場合が多かった。

最長15年程にわたる研究を通じて、肥満は障害のさらなる進行と関連付けられた。

肥満が関節リウマチを持つ患者に障害を引き起こす

この研究の指導的立案者である、ペンシルベニア大学およびフィラデルフィアVAメディカルセンターのジョシュア・ベーカー博士は、障害の悪化は「疾患活動性の悪化では説明できない」と述べている。「肥満が関節リウマチを持つ患者に障害を引き起こすことを示唆しています。患者が幾らかでも痩せなければならないもう一つの理由となります」。

時の経過とともに骨の両端にある軟骨がすり減ると起きる、より一般的な変形性関節症とは対照的に、関節リウマチは免疫系疾患で、関節に消耗性の腫れや痛みを引き起こす。

次ページ体重を減らすと?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT