過労・うつ…幼い息子の首締めた32歳の悔恨

わが子を殺しかけた記憶がぬぐえない

休みは週1日、帰宅はいつも深夜0時すぎ。マサキさんの体に異変が表れたのは、勤め始めてから2年ほど経った頃だった(筆者撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回取り上げるのは、「働いているけれど、生活保護から抜け出せない」と編集部にメールをくれた、32歳の男性だ。

気がついたときには、幼い息子の首を絞めていた。深夜、布団で眠るわが子にのしかかっているのは本当に俺なのか。自分がしでかしたことが、ただ恐ろしかったという。自ら110番に通報し、こう告げた。「子どもを殺そうとしました」――。

この連載の一覧はこちら

この日、マサキさん(32歳、仮名)は会社を解雇された。正社員の機械工。月収は30万円ほどだったが、毎日13~14時間働かされ、休みは週1日あればよいほうだった。帰宅はいつも深夜0時すぎ。異変が表れたのは、勤め始めてから2年ほど経った頃だったという。

胸がざわつく、体に力が入らない、疲れているのに眠れない――。おかしい、おかしいと思いながらも、毎晩500ミリリットルの缶ビールを4~5本空けては、無理やり眠りについていた。

ついに体が会社に行くことを拒絶した

そんな生活が1カ月ほど続いたある日、ついに体が会社に行くことを拒絶した。初めての無断欠勤。自宅を出た後、公園のベンチで丸1日過ごした。

次の日に出勤すると、役員から「もう来なくていいから」と言われ、工場から締め出された。その後、どこに立ち寄り、どうやって帰宅したのか、あまり記憶がないのだという。われに返ったとき、子どもの首に手をかけていた。もう1人、生まれたばかりの子どもがおり、貯金はほとんどない状態での解雇。マサキさんは「とにかく心中するしかないと思ってしまったみたいです」と、当時の異常な精神状態を振り返る。

結局、この晩の出来事が事件として立件されることはなく、マサキさんは病院で重いうつ病と診断された。妻がすぐに仕事を見つけることは難しく、一家は生活保護を受けることに。しかし、病状が改善することはなく、1年後に処方薬を過剰摂取して自殺を図った。妻から「もうついていけない」と言われて離婚、求められるまま親権は手放したという。

次ページ不況下での就職活動は難航
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100

AI、宇宙、ロボット…100億円級の資金を調達するベンチャー企業が続々。大企業も投資に熱狂。次のメルカリはどこか、注目ベンチャー100社を紹介。ビジネスヒントはここにある!