モディリアーニの裸婦画、「史上最高値」へ?

予想落札価格は史上最高値の163億円超

 4月24日、競売大手サザビーズは、イタリアの芸術家アメデオ・モディリアーニが1917年に描いた裸婦画(写真)が5月にニューヨークで競売に掛けられると発表した(2018年 ロイター/Venus Wu )

[香港 24日 ロイター] - 競売大手サザビーズは24日、イタリアの芸術家アメデオ・モディリアーニが1917年に描いた裸婦画が、5月14日にニューヨークで競売に掛けられると発表した。

予想落札価格は1億5000万ドル(約163億3000万円)で、芸術作品の予想落札価格としては史上最高額となる。

出品されるのは「(体の左側を下にして)横たわる裸婦」という作品で、モディリアーニが35歳で死去する少し前に書かれたもの。女性はプロのモデルとみられている。

サザビーズの印象派・近代美術部門の世界共同責任者、サイモン・ショー氏は、競売発表の場所として香港を選んだことについて、中国本土、シンガポール、インドネシアを含むアジアの収集家からの「需要の高まり」が理由だと述べた。

これまでに美術品として史上最高額で落札されたのは、レオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)。昨年11月にニューヨークで行われたクリスティーズのオークションで、予想落札額の3倍超となる4億5030万ドルの値が付いた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。